Win7 [Windows7サイド]  ※記事検索: [記事検索] / [タグ検索] / [記事一覧]  ※Windows 8→ http://Windows8.jp  ※Windows RT→ http://WindowsRT.jp  ※HJSK→ http://hjsk.jp
[Windows7サイド] Win7
Win7.jp
RSS Win7を購読 Win7 を購読
Twitter で更新を確認
エクスプローラーから
検索コネクタ でサーチ!
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応 ビジテク! Windowsファイル操作&管理 7/Vista/XP
ビジネスPCで効率的な作業! ファイル名一括置換&連番化、バッチファイルによる複数同時アプリ&データ起動、仮想マシンで旧アプリ活用&動作検証、日本語IME超最適化、etc...自分だけではなく、社内全体で「使える」Windows環境を! Windows 7/Vista/XPのビジテク満載! [目次一覧]
Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~ Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~
個人情報が勝手に流出?? 機種ごとに操作が違う 慢性的なメモリ不足… アプリが落ちる&動作が不安定 バッテリーが持たない OSバージョンがばらばら マーケットにマルウェア? [ルート化]ってなに? [目次一覧]
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド for ”Windows 7/Windows Vista/Windows XP” [増刷決定!!] Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド
for"Windows7/Vista/XP"全サーバークライアント対応
  [なんとなく管理者]の強い味方 &ベストセラー書籍が全面改定で新登場 ローカルエリアネットワークの管理と構築 、ルーター設定、無線LAN設定、セキュリティ、バックアップなど 小規模ネットワークに即した現実的対処を解説! [目次一覧]
Windows7専門サイト「Win7.jp」   新登場!! “動画サーバーマニアックス”~DLNA&トランスコード~ 快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応
日経Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7とXPとでは「味噌の噌」などの文字の形そのものが異なることについて

Windows 7と以前のOSとでは、文字の形そのものに違いがあります。
具体的には、Windows 7では「JIS2004」という文字体系が採用されていますが、Windows XPまでのOSは「JIS90」が採用されているため、同じ文章(テキストファイルや、ワードに保存したファイル)、同じ文字コードであっても、Windows 7とWindows XPで文字の形が違うのです。
ちなみに、現在のプリンターのほとんどはWindowsにインストールされたフォントを利用して印刷を実行するため、Windows 7とWindows XPでは結果的に印刷結果が異なるということにもなります。

◎文字の「形」が異なることを確認

Windows XPとは文字の形そのものが違うWindows 7/Windows 7で拡張された文字について
☆同じ内容の文章ファイルをWindows 7とWindows XPで開いた比較です。双方の「文字体系」が異なるため、文字の形そのものが違った表示になります(MS明朝とMSゴシック(MSPも含む)、サードパーティーフォントは、この限りではありません)。

[Windows 7とXPとでは「味噌の噌」などの文字の形そのものが異なることについて]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で過去のOSとの互換性を確保するためにIMEの変換候補を制限するには(Windows7で追加された文字を変換候補に表示しない)

Windows7では、従来のWindows(XP/2000など)と比較して表示できる文字が追加されています。
この追加された文字は「環境依存文字」になりますが、これを利用したデータは環境によってはバケてしまうという問題が発生することがあります(Webフォーム入力など)。
このような問題を回避するには、このような追加された文字を変換候補に出さないように設定変更します。

○問題の確認(環境依存文字を使った場合の文字化け)

互換性を確保するためにIMEの変換候補に表示する文字を制限するには
☆問い合わせのWebフォームに、「環境依存文字」を入力して送信します。

[Windows 7で過去のOSとの互換性を確保するためにIMEの変換候補を制限するには(Windows7で追加された文字を変換候補に表示しない)]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で過去のOS文字と互換性を確保するためにIMEの変換候補に表示される文字を制限するには

Windows 7では、従来のWindowsと比較して表示できる文字が追加されています。
この追加された文字は「環境依存文字」になりますが、これを利用したデータはWindows 7以外でバケてしまうという問題が発生することがあります(Webフォーム入力など)。
このような問題を回避するには、Windows 7でこのような追加された文字を変換候補に出さないように設定変更します。

○設定手順

互換性を確保するためにIMEの変換候補に表示する文字を制限するには(Microsoft Office IMEの場合)
☆言語バーを右クリックして、メニューから「設定」を選択します。

[Windows 7で過去のOS文字と互換性を確保するためにIMEの変換候補に表示される文字を制限するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でWindows XPとは文字の形そのものが違うWindows 7/Windows 7で拡張された文字について

Windows 7と以前のOSとでは、文字の形そのものに違いがあります。
具体的には、Windows 7では「JIS2004」という文字体系が採用されていますが、Windows XPまでのOSは「JIS90」が採用されているため、同じ文章(テキストファイルや、ワードに保存したファイル)、同じ文字コードであっても、Windows 7とWindows XPで文字の形が違うのです。
ちなみに、現在のプリンターのほとんどはWindowsにインストールされたフォントを利用して印刷を実行するため、Windows 7とWindows XPでは結果的に印刷結果が異なるということにもなります。

◎文字の「形」が異なることを確認

Windows XPとは文字の形そのものが違うWindows 7/Windows 7で拡張された文字について
☆同じ内容の文章ファイルをWindows 7とWindows XPで開いた比較です。双方の「文字体系」が異なるため、文字の形そのものが違った表示になります。

[Windows 7でWindows XPとは文字の形そのものが違うWindows 7/Windows 7で拡張された文字について]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7の日本語入力を理解する

Windows 7の日本語入力は、「Microsoft IME」が担いますが、この「Microsoft IME」の各種操作の切り替えは「言語バー」で行います。
言語バーに表示される各アイコンの意味と役割、そして各種便利な機能を覚えると、日本語入力をよりスムーズに、効率的に行えるようになります。

○入力モード

Microsoft IMEで日本語入力をよりスムーズにするには(1)
☆ひらがな入力やカタカナ入力、英数字入力等の入力する文字種を選択できます。ここで入力モードを選択してもよいですが、基本的なひらがな→半角英数の切り替えは、キーボードの「半角/全角」キーを利用したほうが便利です。

[Windows 7の日本語入力を理解する]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7において郵便番号だけで住所を簡単に入力するには

日本の住所は郵便番号と連動する形になっていますが、Microsoft IMEでは7桁の郵便番号(3桁でもOK)を入力することで、住所を入力する辞書を保有しています。
郵便番号で住所を入力したい場合には、以下の操作に従います。

○操作手順

Microsoft IMEを利用して、郵便番号で住所を簡単に入力するには
☆IMEツールバーの「入力モード」ボタンをクリックして、メニューから「人名/地名」を選択します。

[Windows 7において郵便番号だけで住所を簡単に入力するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7のIMEでファンクションキーが使いづらいキーボードにおいて、カタカナ/ひらがな/半角などに変換するには(キーボードショートカット)

カタカナ、ひらがなに変換したい際、ほとんどの人はファンクションキーによる変換を行っています。
「F6」キーでひらがな変換、「F7」キーでカタカナ変換などができますが、パソコンのキーボードによってはファンクション配置が異なるため、間違えて変換してしまう場合があります。
そのような場合には、キーボードショートカットを利用すると便利です。

○ひらがな変換 「F6」キー → 「Ctrl」+「U」キー

ファンクションキーが使いづらいキーボードで、カタカナ/ひらがな/半角などに変換するには

[Windows 7のIMEでファンクションキーが使いづらいキーボードにおいて、カタカナ/ひらがな/半角などに変換するには(キーボードショートカット)]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7のIMEで手書き入力をするには

Microsoft IMEでは、マウスで漢字を直接手書きして入力できる、「手書き入力」に対応しています。
この機能は、読みのわからない漢字を入力するときなどに便利ですが、「手書き入力」を実行するには以下の手順に従います。

○操作手順

Microsoft IMEで手書き入力をするには
☆言語バーの「IMEパッド」をクリックして、IMEパッドを表示します。

[Windows 7のIMEで手書き入力をするには]の続きを読む

  日経Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)
停電・震災に備えるPC管理術 データ/ネットワークを守る安心環境を構築せよ
Windows7上級マニュアル [ネットワーク編](技術評論社)