Windows 7は「2020年1月14日」にサポートが終了します。サポート終了後は セキュリティアップデートが行われないため 、Windows 10に移行する必要があります。 ”Windows 10の導入&PC移行&操作&設定&活用”についてはコチラ か以下で検索

残り時間あと僅か! Windows 7サポート終了で何が起こるのか?


Windows7のサポートは2020年1月14日で終了します。


Windows 7のサポートが終了しても、Windows 7そのものは今までどおり動作させることはできます。


しかし、昨今の日々「新しい悪意」が登場する世の中であり、その対策を行うのが「OSのアップデート(Windows Update)」になるのですが、サポート期間が終了するとこのアップデートが行われなくなるため、新しい悪意を防ぐための手段が講じられなくなることを意味します。


一言で言ってしまえば、「Windows 7を使い続けることは危険」であり、情報漏えいや不正アクセス、犯罪の踏み台にされる可能性が高くなるのです。


現在のようにネットワークで世界中のサーバーやPCにつながっている世の中では、「自分のPCのセキュリティリスクは他人のPC(他者や会社)の危険性につながる」ことになるため、サポートが切れたOSを使い続けることは場合によっては犯罪行為に手を貸すことにもなりかねないのです。


Windows 7を利用しているPCは、速やかにWindows 10に移行することが推奨されます。
ちなみにWindows 7搭載PCをWindows 10にアップグレードすることも可能ですが、コスト等を考えるとWindows 10が予め搭載されたPC、あるいは正式な手順を踏んでWindows 10にアップグレードされたPC(中古PCなど)に乗り換えることも検討すると良いでしょう。


このWindows 10への乗り換えについては、データ移行の他、コストやアプリの互換性、また周辺機器の利用や機能面等々、環境によっていくつかの問題を乗り越えて実現しなければなりませんが、この乗り換え方法については機会があれば別途どこかで紹介させていただきます。

(Windows 10の情報は「Win10.jp」で紹介しています)

Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


■■ Win7jp 記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

このWebについて

    ※個人サイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(まとめサイトや有料媒体の方は事前にご連絡願います)。