『ハードウェア』の記事一覧(抜粋)

64ビットWindows 7 エディションごとの最大メモリーサポート

※64ビットWindows 7で利用できる最大メモリ

64ビットWindows 7(x64) Ultimate 192GB
64ビットWindows 7(x64) Professional 192GB
64ビットWindows 7(x64) Home Premium 16GB
32ビットWindows 7(x86) 全エディション 4GB(*1)
64ビットWindows Vista(x64) Ultimate 128GB
64ビットWindows Vista(x64) Business 128GB
64ビットWindows Vista(x64) Home Premium 16GB
64ビットWindows Vista(x64) Home Basic 8GB
32ビットWindows Vista(x86) 全エディション 4GB(*1)
Windows XP Professional x64 Edition 128GB
Windows XP(x86) 全エディション 4GB(*1)

パソコンの物理メモリの正常性を確認して、Windows を安全に運用するには

アプリケーション動作やWindowsの動作が不安定になる、ファイルコピーがうまくいかない、データが化けるなどの症状が現れた場合、要因のひとつに「物理メモリの不良」が考えられます。
物理メモリは負荷をかけたときだけ問題が発生する、ある一部のアドレスだけ問題があるなどわかりにくいものなのですが、Windowsの「Windowsメモリ診断ツール」を利用することで異常がないかを確認することができます。

○パソコン起動時に「メモリ診断ツール」を実行する

パソコンの物理メモリの正常性を確認して、Windowsを安全に運用するには
☆パソコンを起動して、Windowsを起動する手前で「F5」キーを入力して「Windowsブートマネージャ」を表示します。「Tab」キーを入力して、「Windowsメモリ診断ツール」を選択して、「Enter」キーを入力します。

Windowsでハードディスクの領域を増やすには(領域を分割するには)

データ保存用などで新たに領域を増やしたい場合には、新規にハードディスクを購入するのも手ですが、現在システムドライブの容量があまっているようであれば、パーティション(ハードディスク領域)を分割することにより、領域を増やすことが可能です。
手順としては、空き容量のある領域のサイズを縮小して、空き領域を作った後に、新しい領域を作成する形になります。
なお、本Tipsはハードディスクやパーティション知識がある方が実行されることを推奨します。

◎実行前にバックアップ!!

以下の設定操作を適用する前に、ハードディスク内の重要なファイルはバックアップしておいてください。

○設定手順

Windows 7でハードディスクの領域を増やすには(領域を分割するには)
☆コントロールパネル(クラシック表示)から「管理ツール」を選択します。「コンピューターの管理」を選択します。
Windows 7でハードディスクの領域を増やすには(領域を分割するには)
☆「コンピューターの管理」が起動します。ツリーから「記憶域」-「ディスクの管理」を選択します。

家電ハードディスクレコーダー/家電テレビ/PlayStation 3/Xbox360等をネットワークに接続してWindows PCと相互にメディア共有する(DLNA環境の構築)②

 「DLNA環境」を構築すれば、家電ハードディスクレコーダー上の録画TV番組をPCで再生、あるいはPC上の動画/画像/音声ファイルを家電テレビ上で閲覧するなどが可能になり、動画/画像/音声などのメディアファイルを「ロケーションフリー」で楽しむことができる (詳しくは 『Windows 7上級マニュアル ネットワーク編』 で) 。

▼iPhone/iPad/iPod touchでPC上の動画を再生

家電ハードディスクレコーダー/家電テレビ/PlayStation 3/Xbox360等をネットワークに接続してWindows PCと相互にメディア共有する(DLNA環境の構築)②
☆PC上の動画ファイルをiPhone/iPad/iPod touchで再生。DLNA環境構築での実現も可能だが、DLNAに依存しない方法も解説している。

▼PC上の動画ファイルをゲーム機(PlayStation 3/Xbox360)で再生

家電ハードディスクレコーダー/家電テレビ/PlayStation 3/Xbox360等をネットワークに接続してWindows PCと相互にメディア共有する(DLNA環境の構築)②
家電ハードディスクレコーダー/家電テレビ/PlayStation 3/Xbox360等をネットワークに接続してWindows PCと相互にメディア共有する(DLNA環境の構築)②
☆PlayStation 3やXbox360でPC上の動画ファイルを再生。ただつなげばよいというものではないのだが、本書ではゲーム機での再生でキモとなる「DLNAサーバー」の構築を紹介している。

ストリーミングサーバーでリアルタイム映像や動画ファイルを配信

 「ストリーミングサーバー」を構築すれば、ライブ映像/ライブ音声をネットワーク上に配信することが可能だ。リアルタイムの映像音声を配信できるので、ペットや社内作業監視やビデオ通話を行うことができる。
 その他、任意の動画ファイル群を映像として配信することや、現在のデスクトップ作業を映像として配信することも可能だ。
 また、DLNAサーバー非対応の家電ハードディスクレコーダーやTVチューナーを、ストリーミングサーバーを利用して、別の部屋で閲覧する鬼ワザなども紹介している。

▼ストリーミングサーバーによる映像配信

ストリーミングサーバーでリアルタイム映像や動画ファイルを配信
☆入力映像や動画ファイルをストリーミングサーバーでネットワーク上にストリーミング配信。ストリーム映像を受信できるメディアプレーヤーを利用することで、任意の場所で配信映像を楽しむことができる。

▼ストリーミング配信映像の再生

ストリーミングサーバーでリアルタイム映像や動画ファイルを配信
☆ストリーミングサーバーを構築すればローカルエリアで映像を閲覧できる。また、「遠隔サーバー」と組み合わせれば、インターネット経由での閲覧も可能だ。

いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
ポケット百科 Surface Pro (2017 5th) 知りたいことがズバッとわかる本 Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本
Surface Proの「本体機能(各種インターフェース、タッチディスプレイ、キックスタンド)」「周辺機器(タイプカバー、Surfaceペン、ワイヤレスディスプレイ、USB/Bluetoothデバイス等々)」「Windows 10(デスクトップ全般、画面スケッチ、日本語入力、省電力管理、各種最適化カスタマイズ等々)」「アプリ(Microsoft Office、OneNote、メール、カレンダー等々)」「モバイル(タッチ操作、タブレットモード、バーチャルタッチパッド等々)」「ネットワーク(Wi-Fi接続、OneDrive、スマホ連携等々)」「セキュリティ(PC管理、マルウェアスキャン、顔認証等々)」などの操作&設定&新機能に焦点をあてて、Surfaceならでこそのアドバンテージやテクニックを余すことなく解説します。

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


■■ Win7jp 記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

このWebについて

    ※個人サイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(まとめサイトや有料媒体の方は事前にご連絡願います)。