Win7 [Windows7サイド]  ※記事検索: [記事検索] / [タグ検索] / [記事一覧]  ※Windows 8→ http://Windows8.jp  ※Windows RT→ http://WindowsRT.jp  ※HJSK→ http://hjsk.jp
[Windows7サイド] Win7
Win7.jp
動画サーバーマニアックス~DLNA&トランスコードで快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応 動画サーバー・マニアックス 地デジ/CS/ネット動画がスマホ&タブレットで視聴できる! メディアサーバー構築&活用
著作権保護映像&リアルタイムCS&ケーブルテレビ映像をiOS/Android/PCで視聴!!トランスコードで視聴環境を最適化、デジタル家電にも対応するDLNAから特殊動画サーバーまで、スムーズに視聴するためのネット環境や、汎用性の高い動画エンコードまで
iPhone 4S ビジネス設定・活用ガイド-iPhone 4S/4&iPod touch 4th対応 iPhone 4S ビジネス設定・活用ガイド-iPhone 4S/4&iPod touch 4th対応[日経BP社] PCと"同じ"[MicrosoftOfficeデータ][メール][アドレス帳][スケジュール]等々をiPhoneで閲覧&編集。コストと利便性を追求したコミュニケーション手段、iCloudを活用したデータ管理&バックアップ&セキュリティ。ビジネスでiPhoneをフル活用!! [目次一覧]
Windows7専門サイト「Win7.jp」   新登場!! “動画サーバーマニアックス”~DLNA&トランスコード~ 快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)
Win7/XPモード記事検索

仮想PCに対してのメモリー割り当ては、通常のPCとは少し異なった考え方で行う。 ...

Windows XP Mode(Windows7)の解明 4 自らが仮想環境を作成する3-メモリーの設定

仮想PCに対してのメモリー割り当ては、通常のPCとは少し異なった考え方で行う。
通常のPC(物理マシン)は、メモリーが潤沢であるほど快適に動く。
しかし、仮想PCの場合、割り当てたメモリー容量は、結果「ホスト(本体、ここではWindows7)」が利用できるメモリー容量を減らすことになるからだ。
そういう意味では、まず仮想マシンには最低限のメモリーを割り当てる。
 
Windows XPなら256MB、Windows Vista/Windows7なら512MBというところだ。
ちなみに、Windows VistaやWindows7で512MBは少ないだろうと思うかもしれないが、
実はオンボードビデオマシンなどを想定して、少々余裕のある状態が512MBなので、重いアプリケーションを導入しない限り、仮想マシンであれば512MBで問題ない。
もちろん理想は、4GB(実際は3GB)メモリーの壁がない、「64bit Windows7」を利用することだ。
 
Windows XP Mode(Windows7)の解明

[Windows XP Mode(Windows7)の解明 4 自らが仮想環境を作成する3-メモリーの設定]の続きを読む

Windows7はPentium Dual-Core E5200で十分?? 70...

Windows7はこいつで十分? たった7000円のCPU Pentium Dual-Core E5200 oc(2.5GHz→3.33GHz L2キャッシュ 2MB) Windows7x64計測

Windows7はPentium Dual-Core E5200で十分??

Windows7日本語版プレビュー
7000円ほどと安価で販売されているCPU Pentium Dual-Core E5200(2.5GHz→3.33GHz L2キャッシュ 2MB)でエクスペリエンスインデックスを計測。ちなみに、表示にあるように、Windows 7は64ビットバージョンだ。

[Windows7はこいつで十分? たった7000円のCPU Pentium Dual-Core E5200 oc(2.5GHz→3.33GHz L2キャッシュ 2MB) Windows7x64計測]の続きを読む

Core i7 920+TPower X58+G.Skill F3-12800CL9T-6GBNQ

Windows7日本語版最速プレビュー20-環境&互換情報[6]-64ビット版(64bit/x64)Windows7+Core i7+X58マザー+Radeon4670×2+DDR3メモリー×3(トリプルチャンネル6GB)

Windows7x64におけるCore i7+X58マザー
Core i7+X58マザー+DDR3メモリーのトリプルチャンネル。当初、Windows7x32でテストする予定だったが、筆者環境ではOS認識メモリーが2GBにも満たないため(詳しくはこちら)、32ビットWindows利用はあきらめる。ちなみにCore i7ではHTが利くため、OS上はオクトコア(8コア)になる。

[Windows7日本語版最速プレビュー20-環境&互換情報[6]-64ビット版(64bit/x64)Windows7+Core i7+X58マザー+Radeon4670×2+DDR3メモリー×3(トリプルチャンネル6GB)]の続きを読む

Windows7の内部はほぼVistaなのかをデバイスドライバで検証...

Windows7日本語版最速プレビュー08-環境&ハード互換情報[1]-32ビット版&64ビット版Windows7のデバイスドライバや動作など-Intel infとP45マザーボード

Windows7日本語版プレビュー

Windows7の内部はほぼVistaなのかをデバイスドライバで検証

[Windows7日本語版最速プレビュー08-環境&ハード互換情報[1]-32ビット版&64ビット版Windows7のデバイスドライバや動作など-Intel infとP45マザーボード]の続きを読む

64ビット版Windows7にGeForceのデバイスドライバをインストール ...

Windows7日本語版最速プレビュー10-環境&互換情報[3]-64ビット版(64bit、x64)Windows7対応Geforceデバイスドライバのインストール

Windows7におけるGeForceのデバイスドライバ

64ビット版Windows7にGeForceのデバイスドライバをインストール

Windows7日本語版プレビュー
64ビット版Windows7にGeforceドライバもインストール。
バージョンは「GeForce Release 181.20」だ。なお、ここでは「Windows7とWindows Vistaの互換性」の確認のため、わざとWindows Vista用のデバイスドライバをインストールする。

[Windows7日本語版最速プレビュー10-環境&互換情報[3]-64ビット版(64bit、x64)Windows7対応Geforceデバイスドライバのインストール]の続きを読む

Core i7 920+TPower X58+G.Skill F3-12800CL9T-6GBNQ

Windows7日本語版最速プレビュー22-64ビット版(64bit/x64)Windows7のエクスペリエンスインデックス[6]-X58マザーボード+Core i7 920(HTなし)+Radeon4670×2+トリプルチャンネルDDR3メモリー6G

Windows7x64におけるCore i7+X58マザー
Core i7はHT(ハイパースレッディング)がデフォルトでオン、Windows7上では8コア表示になるが、HTはむしろ足を引っ張っている、といううわさも無きにしも非ずなので、ここではHTを切ってみよう(なお、画面はオーバークロック設定になっているが、計即時はOCなしだ、OCは次回)。

Core i7+X58マザーの4コア環境

Windows7x64におけるCore i7+X58マザー
BIOSでHTなしに設定。タスクマネージャー上で4コアになったことを確認。

Core i7(HTなし)+X58マザーのエクスペリエンスインデックス

Windows7x64におけるCore i7+X58マザー
計測値。意外なことに、トリプルチャンネルDDR3が、最高値「7.9」をマーク。ちなみに、後にHTをオンにしても7.9を計測するので、HTオンオフの差ではなく、BIOS設定を一度クリアしたことによるメモリーセッティングの微妙な変更(筆者自身は特に変更を加えていないのだが)によるものと推察できる。なお、他の値の差は誤差といえ、HTオンオフでエクスペリエンスインデックスの違いはないといえる。
さて、次回はCore i7のオーバークロック状態によるエクスペリエンスインデックスだ。ちなみに、エクスペリエンスインデックスにおいてはどのCPUでも、OCはあまり効果がないことが今までに確認されているが構造が大きく異なり、メモリーコントローラを内蔵しているCore i7ではどうだろうか。

Core i7 920+TPower X58+G.Skill F3-12800CL9T-6GBNQ

Windows7日本語版最速プレビュー23-64ビット版(64bit/x64)Windows7のエクスペリエンスインデックス[7]-X58マザーボード+Core i7 920(オーバークロック設定)+Radeon4670×2+トリプルチャンネルDDR3メモリー6G

64ビット版(64bit/x64)Windows7
Core i7はメモリーコントローラをCPUに内蔵したことにより、今までのOC概念とはかなり異なる。ちなみに、オーバークロックそのものはしやすく、面白いのはCore i7 920のデフォルトは「133MHz×20倍」なのだが、なぜかマザーボードでは「21倍」まで設定でき、そしてWindows上の表記では20倍でのクロック表示にしかならないところだ(下記参照)。

Core i7+X58マザーのOCと異なるWindows7上でのクロック表記

64ビット版(64bit/x64)Windows7
ここではデフォルトの133MHz×20倍(可変倍率)を無理のない範囲のOCで166MHz×21倍(固定倍率)にしてみよう。ちなみに、CPU-Zの表記は166×21=3486MHz(3.48GHz)になるが・・・
64ビット版(64bit/x64)Windows7
Windows7表記では、166×21ではなく、166×20=3.32GHz表記になるからおもしろい。なお、本サイトのテーマから外れるのでこれ以上Core i7のOC検証や設定方法などは記述しないが、これらについては別サイトで公開予定だ。

Core i7(HTなし)+X58マザーのエクスペリエンスインデックス

64ビット版(64bit/x64)Windows7
「64ビットWindows7」での計測値。Core i7の構造的にオーバークロックがエクスペリエンスインデックスに反映されることを期待したが、やはり今までのCPU同様、OCしても飛躍的な値の変化は見られない。つまりは、PCのパフォーマンスとエクスペリエンスインデックスは必ずしも比例関係ではないという結論になる。

意外に対応が多いWindows7のデバイスドライバ Windows7インストール...

Windows7日本語版最速プレビュー14-環境&互換情報[5]-G45マザーボード+Marvell LAN+G45オンボードビデオでのWindows7

意外に対応が多いWindows7のデバイスドライバ

Windows7日本語版プレビュー
Windows7インストール直後の画面。まずびっくりしたのが、インストール直後にG45のオンボードビデオ(GMA X4500HD)のドライバが導入されていることだ。つまり、Windows7はG45のデバイスドライバを持っているのだ。

[Windows7日本語版最速プレビュー14-環境&互換情報[5]-G45マザーボード+Marvell LAN+G45オンボードビデオでのWindows7]の続きを読む

  日経Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)
停電・震災に備えるPC管理術 データ/ネットワークを守る安心環境を構築せよ
Windows7上級マニュアル [ネットワーク編](技術評論社)