ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシン活用テクニック [日経BP出版]

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10 完全制覇パーフェクト Microsoft MVP執筆
ひと目でわかるWindows7 ”XP Mode”
「ひと目でわかる“XP Mode” & 仮想マシン活用テクニック 」 第1章の内容を Webで特別先行公開してます。

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第1章 本書の語るXP Mode/仮想マシンの新しい活用

◆XP ModeとWindows Virtual PCの魅力と活用

 ●XP ModeはWindows 7上で動く「Windows XP Professional SP3」
 ●XP Mode/Windows Virtual PCでUSBデバイスを活用
 ●XP Modeの「仮想アプリケーション」でアプリケーションをWindows 7デスクトップに展開
 ●「Windows Virtual PC」を利用して「Windows 7ゲスト」「Vistaゲスト」や「Vista Mode」を運用
 ●XP Modeを無限増殖&環境を使い分けた運用ができるできる「差分ディスク」
 ●XP Modeの「復元ディスク」でいつでも元の状態のWindowsを復元


◆Windows Virtual PC/XP Modeを利用した応用環境

 ●XP Modeが利用できないWindows 7 Home Premiumで「XP Mode」相当を実現
 ●XP Modeを活用して「64ビットWindows 7」で32ビットとの互換性を確保
 ●XP Modeを活用してWindows XPとWindows 7の「フォント互換問題(JIS90とJIS2004の違い)」を解決
 ●XP Mode/仮想マシンをローカルエリアネットワークに参加させるカスタマイズ


◆本書を読み進める際の注意点

 ●特記がない限り「統合機能」は有効
 ●ショートカットキー
 ●コントロールパネルとファイルの拡張子(Windows 7)
 ●本書の「長音表記」について
ひと目でわかるWindows7 ”XP Mode”


 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第2章 XP ModeとWindows Virtual PCの導入

◆XP Mode/Windows Virtual PCの構造とハードウェアの確認

 ●XP Modeの構造と動作のしくみ
 ●XP Modeを動かすためのハードウェア要件
 ●HAV Detection Toolによる動作環境確認


◆XP Modeのダウンロードとインストール

 ●XP Mode/Windows Virtual PCのダウンロード
 ●Windows Virtual PCのインストール
 ●Windows XP Modeのインストール
 ●XP Modeの初期セットアップ

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第3章 XP Modeのウィンドウモードでの基本操作

◆ウィンドウモードの起動と基本環境設定

 ●XP Modeの2つの起動方法とバーチャルマシンの用語
 ●ウィンドウモードで起動する(「Windows XPゲスト」の起動)
 ●仮想マシン操作の基本
 ●ウィンドウモードでのショートカットキー


◆全画面表示への切り替えとゲスト操作

 ●仮想マシンを全画面表示へ切り替える
 ●全画面表示で表示されるコマンドバー
 ●ウィンドウモードと全画面表示で異なるショートカットキー


◆XP Modeの終了操作/完全終了

 ●Windows XPゲストを閉じる(休止状態で終了する)
 ●XP Modeの完全終了(シャットダウン)方法


◆XP Mode/仮想マシンの管理での共通事項

 ●XP Modeを操作/カスタマイズする際の共通事項
 ●[仮想マシン]フォルダーウィンドウを表示
 ●設定ダイアログボックスの表示(仮想マシンのカスタマイズアプローチ)


◆XP Mode/仮想マシンの管理をすばやく起動する

 ●[仮想マシン]フォルダーウィンドウをすばやく起動する
 ●デスクトップにXP Modeのショートカットアイコンを作成

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第4章 XP Modeへのアプリケーションの導入と起動

◆XP Modeにアプリケーションを導入するメリット

 ●アプリケーションをXP Modeで利用する「使いどころ」
 ●XP Modeで利用できるアプリケーション
 ●XP Mode上のアプリケーションの動作対象


◆アプリケーションのセットアップとホストのドライブの参照

 ●XP Modeへのアプリケーションの導入
 ●ブラウザーからインストーラーを起動するアプリケーションの導入
 ●エラーが表示されてインストールを続行できない場合


◆ゲストからホストのドライブへのアクセス

 ●XP Modeから光学ドライブにアクセスする
 ●光学ドライブの共有対象ドライブを変更する
 ●ISOファイルをマウントする
 ●Windows 7ホストのドライブを参照する


◆XP Modeに導入したアプリケーションの起動

 ●Windows XPゲストでのアプリケーションの起動と終了
 ●Windows 7から仮想アプリケーションを起動
 ●アプリケーションが利用するメモリ


◆仮想アプリケーションの登録

 ●Windows 7の[スタート]メニューに登録
 ●仮想アプリケーション起動が禁止されているプログラム


◆仮想アプリケーションの起動で拡張されるデスクトップ操作

 ●仮想アプリケーションのインフラと動作を知る
 ●Windows 7に統合されるXP Modeの通知アイコン
 ●仮想アプリケーションのジャンプリスト操作
 ●仮想アプリケーションをタスクバーアイコンとして登録する


◆仮想アプリケーションの「開く/保存」のターゲット

 ●リダイレクトされる「開く/保存」のターゲット
 ●リダイレクトされるフォルダーの対応
 ●フォルダーがリダイレクトされない仮想アプリケーション


◆仮想アプリケーションとしての起動を禁止するカスタマイズ

 ●通知アイコンが重なる仮想アプリケーションの起動
 ●仮想アプリケーションでの公開(起動)を禁止する

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第5章 XP ModeのハードウェアとUSBデバイス

◆仮想マシンのハードウェア構造を理解する

 ●仮想マシンの構造を理解する
 ●仮想マシンは物理ハードウェアを直接制御できない
 ●USBデバイスを直接制御できる「Windows Virtual PC」
 ●ハードウェアから見た仮想マシンのネットワーク機能


◆USBデバイスのセットアップと活用

 ●Windows XPゲストでUSBデバイスを利用する
 ●Windows 7で利用できないUSBデバイスを利用する
 ●USBデバイスを利用するためのセットアップ


◆USBデバイス別、仮想マシンでの利用事例と特性

 ●仮想マシンでUSBストレージデバイスを利用する
 ●仮想マシンでUSBキャプチャーユニットを利用する
 ●仮想マシンでUSBカメラを利用する
 ●仮想マシンで入力デバイスを利用する
 ●仮想マシンでUSBプリンターを利用する


◆仮想マシンで利用するプリンターのセットアップ

 ●3種類あるXP Modeのプリンターのセットアップ
 ●TSポート接続によるホストプリンターの共有
 ●USB接続によるプリンターの利用

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第6章 XP Modeのカスタマイズと応用テクニック

◆仮想マシン(XP Mode)のハードウェアや動作の設定

 ●仮想マシンのハードウェアを強化する
 ●仮想マシン(XP Mode)をカスタマイズする前準備
 ●「操作のプロンプト」を表示して終了方法を指定する
 ●仮想マシン(XP Mode)へのメモリ割り当てを変更する
 ●仮想ハードディスクの追加
 ●仮想マシンのキーボードの設定


◆XP Modeの「統合機能」の設定

 ●「統合機能」の役割を理解する
 ●ゲスト内でのホストドライブ表示のカスタマイズ
 ●プリンター/スマートカード/オーディオなどのデバイスの共有設定
 ●「統合機能」を有効/無効にする
 ●統合機能をスタートアップ時から無効にする


◆統合機能の有効/無効でのXP Modeの動作の違い

 ●エクスプローラー(ホストドライブの共有)
 ●[スタート]メニュー(電源操作)
 ●デバイスの共有
 ●画面のプロパティ(デスクトップ解像度の変更)


◆XP Modeの応用操作

 ●ゲスト画面のキャプチャー
 ●ゲストとホスト間でのカットアンドペースト
 ●Windows XPゲストの動作を一時停止する
 ●仮想マシンでリセット操作を行う

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第7章 Windows 7ホスト環境とXP Mode環境の使い分け

◆Windows 7/Windows XPのフォント互換問題を解決する

 ●「フォント」が違うWindows 7とWindows XP
 ●字形の違いを解決するXP Mode
 ●「フォントの違い」はフォントパッケージの違い
 ●Windows 7ホストとXP Modeのフォント環境を統一する
 ●フォント環境の違いによる問題


◆Windows 7ネイティブでのアプリケーション動作

 ●「XP Mode」にアプリケーションをインストールする前に
 ●アプリケーションがWindows 7で動作するか見極めるには
 ●「互換性のトラブルシューティング」で動作させる
 ●アプリケーションの互換モードを手動で設定する

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第8章 XP Modeのネットワークとセキュリティ

◆XP Modeのセキュリティ

 ●XP Modeへのセキュリティ対策
 ●Windows自身の更新
 ●XP Modeに導入したアプリケーションの更新
 ●アンチウィルスソフトのセットアップ
 ●総合的なセキュリティ対策


◆物理ネットワークにアクセスするためのカスタマイズ

 ●仮想マシンのネットワーク環境
 ●物理ネットワーク接続を行う前の注意点
 ●仮想マシンを物理ローカルエリアネットワークに参加させる


◆仮想マシンからネットワーク上の物理マシンへのアクセス

 ●仮想マシンからネットワーク上の物理マシンにアクセスする
 ●物理ホストマシンに必要な設定
 ●物理ホストマシンでユーザーアカウントを作成
 ●物理ホストマシンで共有フォルダーを設定
 ●仮想マシンクライアントから物理ホストマシンにアクセスする
 ●ネットワークの物理ホストに接続されているプリンターの共有

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第9章 XP Modeを復元/複数運用する仮想ハードディスク

◆「復元ディスク」によるXP Modeの現在環境の保持

 ●今の状態を保持したまま環境を更新できる「復元ディスク」
 ●復元ディスクの構造を理解する
 ●XP Modeの復元ディスクを有効にする
 ●復元ディスクへの変更を破棄/適用する
 ●仮想マシンの更新内容を終了時に破棄するには


◆「差分ディスク」による複数のXP Modeの運用

 ●XP Modeを無限増殖できる「差分ディスク」
 ●XP Modeはそもそも「差分ディスク」であることを知る
 ●XP Modeの構造を確認する
 ●XP Modeを増殖させるための新しい仮想マシンの作成
 ●差分ディスクのための仮想ハードディスクの設定
 ●差分ディスクで作成した「新しいXP Mode」の起動
 ●「統合機能」を有効にするためのユーザーアカウントの作成
 ●統合機能の有効化と仮想アプリケーションでのユーザー指定
 ●「差分ディスク」による新しいXP Modeの実現


◆仮想ハードディスクの特性とメンテナンス

 ●仮想ハードディスクの種類と特性
 ●可変容量の仮想ハードディスクの特性
 ●仮想ハードディスクの圧縮

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第10章 「Windows 7ゲスト」「Windows Vista Mode」の作成

◆「仮想マシン」でWindows 7/Windows Vistaを管理する

 ●Windows Virtual PCによる新たな「仮想マシン」環境の構築
 ●仮想マシンにインストールできるWindows OS
 ●仮想マシン操作とホストキー


◆Windows OS共通のゲスト環境の構築ステップ

 ●新しいゲスト環境を構築する手順
 ●新しい仮想マシン管理の準備
 ●新しいゲストのための仮想マシンの作成
 ●Windows OS別メモリ設定
 ●仮想マシンの最終確認
 ●仮想マシンへのOSインストールとゲストとしての確立


◆Windows 7ゲストの作成

 ●ライセンスとエディションの確認と仮想マシンの用意
 ●仮想マシンへの「Windows 7」のインストール
 ●「統合コンポーネント」のインストール
 ●統合機能の有効化とWindows 7ゲストの実現


◆Windows Vistaゲスト/Vista Modeの作成

 ●ライセンスとエディションの確認と仮想マシンの用意
 ●仮想マシンへの「Windows Vista」のインストール
 ●Windows Vistaの環境を整える
 ●「統合コンポーネント」のインストール
 ●統合機能の有効化とWindows Vistaゲストの実現
 ●「Windows Vista Mode」の実現

 ”ひと目でわかるWindows 7 “XP Mode”(XPモード)& 仮想マシンテクニック”

■第11章 Windows Home PremiumでXP Mode相当を構築する

◆「Windows Home Premium」でXP Modeを実現する

 ●「Windows Virtual PC」は可、「XP Mode」は不可
 ●正規「XP Mode」を利用するには


◆Windows XPゲスト/XP Modeの作成

 ●ライセンスとエディションの確認と仮想マシンの用意
 ●仮想マシンへの「Windows XP」のインストール
 ●Windows XPゲストのパスワード設定
 ●「統合コンポーネント」のインストール
 ●統合機能の有効化とWindows XPゲストの実現
 ●Windows XPゲストの終了方法のカスタマイズ
 ●仮想アプリケーションを利用するためのセットアップ
 ●Windows 7 Home Premiumでの「XP Mode」の実現
Windows 10 完全制覇パーフェクト Microsoft MVP執筆

■■最近の記事一覧■■

■■最近の記事一覧■■

悩める主婦におくる今日の献立

ワケあり品

Windows関連サイト

Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 New!!
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応 ネットワーク 上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応   
10だけではなくWin 8.1/7にも完全対応! ルーターの詳細設定&最適化 無線LANパフォーマンス&セキュリティの追求 共有フォルダー設定とセキュアな管理 DLNA(DTCP-IP)によるメディア共有 ダイナミックDNSによる遠隔アクセス iOS&Androidからのファイルアクセス&メディア再生 資格情報によるスムーズなアクセス Windowsファイルサーバーの超低コスト構築&管理 リモートコントロール&リモート電源 Windows 10 MobileのMiracast/Continuum ネットワークカメラによる遠隔監視 グループポリシー&レジストリカスタマイズ 物理ネットワーク配線最適化&二重ルーターの解決
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
NEC Direct
ソフマップ・ドットコム

このWebについて

    このWebは Microsoft MVP (マイクロソフトが認定したITプロ)によって運営されています。
    Windowsの情報源としてお役立ててください。

    ※ブログサイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体の方は事前にご連絡願います)。

    ※セミナー依頼や執筆関連業務のお問い合わせは toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。