Win7 [Windows7サイド]  ※記事検索: [記事検索] / [タグ検索] / [記事一覧]  ※Windows 8→ http://Windows8.jp  ※Windows RT→ http://WindowsRT.jp  ※HJSK→ http://hjsk.jp
[Windows7サイド] Win7
Win7.jp
動画サーバーマニアックス~DLNA&トランスコードで快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応 動画サーバー・マニアックス 地デジ/CS/ネット動画がスマホ&タブレットで視聴できる! メディアサーバー構築&活用
著作権保護映像&リアルタイムCS&ケーブルテレビ映像をiOS/Android/PCで視聴!!トランスコードで視聴環境を最適化、デジタル家電にも対応するDLNAから特殊動画サーバーまで、スムーズに視聴するためのネット環境や、汎用性の高い動画エンコードまで
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック "XPモード書籍" が登場! 第1章の書籍内容をWebで公開中
ひと目でわかる“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック
基本をしっかり解説&XP Mode環境の複数化や復元ディスク等の実践テクを掲載! カスタマイズ,仮想マシンへのWin7/Vista導入, LAN参加設定, 7HomeシリーズでのXP Mode環境構築 等々の解説を満載! MVPコンビ執筆第二弾! [内容目次一覧]
Windows7専門サイト「Win7.jp」   新登場!! “動画サーバーマニアックス”~DLNA&トランスコード~ 快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応
Windows7上級マニュアル [ネットワーク編](技術評論社)
Win7/XPモード記事検索

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でユーザーアカウントの「Administrator」を有効にするには

※この記事はWindows 7正規版以前(RC等)のものです。正規版の記事は コチラ

Windows 7の標準設定では、悪意あるプログラムが「Administrator」の管理者権限を利用して被害を及ぼすことを防ぐため、ユーザーアカウント「Administrator」が無効になっています。
しかし、特殊状況などでユーザーアカウント「Administrator」が必要になった場合には、以下の設定で有効にすることができます。

○設定手順

ユーザーアカウントの「Administrator」を有効にするには
☆[スタート]メニューから「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。



ユーザーアカウントの「Administrator」を有効にするには
☆コマンドプロンプトが表示され、タイトルバーに「管理者:コマンドプロンプト」と表示されていることを確認します。


ユーザーアカウントの「Administrator」を有効にするには
☆「net user administrator /active:yes」とコマンドを入力して、「Enter」キーを押します。


ユーザーアカウントの「Administrator」を有効にするには
☆「コマンドは正常に終了しました。」と表示されることを確認します。


ユーザーアカウントの「Administrator」を有効にするには
☆ログオン画面に「Administrator」が表示されます。



iPad + iCloud をビジネスで本格活用!!
iPadを利用したスマートなプレゼン実践、Pages/Numbers/Keynoteの活用、PDFにマーカーや図形の書き込み、振り分けPC連携メール、クラウド活用、バックアップ、プライバシー&セキュリティ確保など



新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応

日経BP社
『新iPad ビジネス設定&活用術(全iPad対応)-iCloud+Pages/Numbers/Keynote&PDFの活用、情報漏洩対策etc... ~iOS 5.1 & 全iPad対応~』

目次
■第1章 「 iPad」でできるビジネス活用
●1 文書・表計算・プレゼンシートの作成とプレゼンテーションの実行 ●2 ビジネス利用時に必要なプライバシー管理と万が一の時の対策 ●コラム 意外と重要な「連絡用アドレス」 ●3 iPadとPCにおける「メール・書類・連絡先・カレンダー」の共有とiCloudの活用 ●4 アノテーションを生かしたiPadでのPDFファイルの活用 ●5 運用コストの低減と作業効率化のためのさまざまな手法 ●6 iPadの各部位名称 ●7 iPadアプリとiPhoneアプリ
■第2章 Pages/Numbers/Keynoteによる各種データ編集と印刷
●1 Pages/Numbers/Keynoteによる文書・表計算・プレゼンデータ編集環境 ●2 Pages/Numbers/Keynoteでの編集操作 ●3 Pages/Numbers/KeynoteのiCloud設定とデータ同期 ●4 「 iCloud」を利用してMicrosoft Officeデータファイルをインポートする ●5 「 iCloud」を利用してPCにエクスポートする ●6 「 iTunes」を利用してMicrosoft Officeデータファイルをインポートする ●7 「 iTunes」を利用してPCにエクスポートする ●8 Pages/Numbers/Keynoteの各種データを紙媒体に印刷する ●コラム 印刷不可能なiPadアプリは「Pages/Numbers/Keynoteに送って」印刷 ●9 スタートアップガイドを復元する
■第3章 各種プレゼン/デジタルコミュニケ―ション手法と外出時に役立つテクニック
●1 Keynoteによるプレゼンテーションの実行 ●2 デジタルパンフレットとしてiPad上で書き込みながらプレゼンを実践する ●コラム 紙媒体のパンフレット/カタログをPDFファイル化する ●3 動画ファイルをiPad上で再生してプレゼンに活用する ●4 iPadからのテレビ出力/プロジェクター出力でプレゼンテーションを実践する ●5 「AirPlayミラーリング」によるプレゼンテーション ●6 「FaceTime」によるビジネスコミュニケーション ●コラム Skypeによる他デバイスとの無料ビジネス通話環境の実現 ●7 メッセージ通話によるビジネスコミュニケーション ●コラム ビジネスシーンの汎用的なメッセージ連絡であれば「Facebook」を活用 ●8 iPadを高度なボイスレコーダーとして活用する ●コラム 録音中に他タスクの操作も可能 ●9 モバイルルーターの活用 ●コラム モバイルルーターとセキュリティ ●10 ビジネスホテルなどの有線LANインターネットサービスをiPadで利用する ●11 ビジネスシーンで活躍するiPadの周辺機器
■第4章 PDFファイルアノテーションとGoodReader
●1 PDFファイルをビジネスで活用する ●2 GoodReaderでのPDFファイルを効率的に閲覧する ●コラム PDFファイル表示の拡大縮小操作 87 ●3 PDFへ注釈を付加する(ハイライト・取り消し線・図形などの書き込み) ●コラム アノテーションバーからの実行 ●4 PDFへ直線・矢印・四角・円・自由図形などを書き込む ●5 PDFへ任意の文字列・文字枠を書き込む/書き込んだ文字を装飾する ●6 GoodReaderにおけるデータファイルの入出力 ●7 GoodReaderとクラウドの同期設定 ●コラム GoodReaderと「iCloud」 ●8 GoodReaderのWi-Fiトランスファーによるデータファイル転送 ●コラム GoodReaderへのアクセスアドレスが時々変更される ●9 GoodReaderでテキストファイルを閲覧する/エンコード形式を指定する
■第5章 ビジネスシーンに適したプライバシー設定と本体設定
●1 ビジネス利用のiPadで重要な「情報漏洩対策」 ●2 iPad本体の名前(iPadデバイス名)を設定する ●3 パスコードロックによるプライバシーの確保 ●4 iPadを紛失した際に役立つ[iPadを探す]の有効化 ●5 紛失したiPadをiOSデバイス/PCのWebブラウザで探す ●6 紛失したiPadに対するメッセージ送信/リモートロック/リモートデータ消去 ●7 iPadの[本体横のスイッチの機能]を最適化する ●8 スマートカバーを閉じてもスリープを実行しない ●9 入力モード切り替えをスマートに実行できる環境設定 ●コラム 「日本語」と「英語」の2つに絞り込めれば効率的 ●10 キー入力時のクリック音を無効にする ●11 音声入力を実行する ●12 物理キーボードを利用して効率的な入力環境を実現する ●13 マルチタスクジェスチャを活用する ●14 拡大表示機能を活用する ●15 通知のスタイルの設定
■第6章 iPadとPCで連携・管理できるビジネスメール
●1 ビジネスメールを滞りなく管理するためのテクニック ●2 IMAP機能(サービス)を利用したビジネスメール管理 ●3 POPメールでiPadとPC双方でメッセージを受信するための設定 ●4 POPメールでiPadとPCの双方で送信メッセージを閲覧するための管理 ●5 iPadアプリ「メール」をビジネスメールに利用するための設定 ●6 受信メッセージを振り分け管理する
■第7章 iCloudによるクラウド機能の設定/iTunesによるデータ転送
●1 iCloudで実現できる機能の概要 ●2 iCloudで管理できる内容と項目指定 ●3 PCからiCloud上の「連絡先」「カレンダー」にアクセスする ●コラム データ内容は「iCloud管理のもののみ」である点に注意 ●4 PCへの「iCloudコントロールパネル」の導入と同期の設定 ●5 iCloudによるiPadのバックアップ(iCloudバックアップ) ●6 iTunesによるiPadのバックアップ ●7 iTunesのUSB接続でPCのデータファイルをiPadアプリに転送する ●コラム あらかじめデータファイル転送指定が必要なアプリ ●8 Wi-FiシンクによるPCとiPadアプリ間のデータファイル転送 ●コラム 「Wi-Fiシンク」と「iCloud」を混同しない
■第8章 Googleアカウントを利用した「連絡先」「カレンダー」管理
●1 Googleアカウントを利用した「連絡先」「カレンダー」管理 ●コラム 基本的に一本化すべき「連絡先」「カレンダー」を管理するクラウド ●2 Googleアカウントの用意とPCからのアクセス ●コラム Googleアカウントの「連絡先」をエクスポートする ●3 iPadでGoogleアカウントの「連絡先」「カレンダー」を同期して利用する ●4 iPadによる「連絡先」「カレンダー」の管理
■第9章 iPadのWi-Fi接続とルーター設定
●1 無線LAN環境に参加(接続)するための前準備 ●2 iPadをWi-Fi接続する/接続情報を確認する ●3 iPadのWi-Fi(無線LAN)MACアドレスを確認する ●4 ルーターの役割と構造を知ってさまざまなビジネスシーンに応用する ●コラム 用語統一されていないルーターの設定コンソールと各種設定 ●5 ルーターの設定コンソールへログインして詳細設定を行う ●コラム ルーターのハードウェアリセット方法を確認(ルーターの初期出荷状態に戻す) ●6 MACアドレスフィルタリングでセキュアな環境設定 ●コラム MACアドレスフィルタリングの設定は慎重に ●7 iPadに割り当てられるIPアドレスを固定化する
■第10章 トラブル時の対処
●1 iPadアプリがうまく動作しないときの対処 ●2 iPadの再起動 ●3 iPadが操作不能になった場合の操作(強制終了) ●4 iPadアプリを削除して再インストール(再登録) ●5 iPadのリセットとiCloudバックアップの復元 ●コラム 「バックアップの復元」は慎重に ●6 iPadのリセットとiTunesバックアップの復元 ●コラム 初期出荷状態にせずにiTunesによるバックアップを復元する

"Windows 7のデスクトップ/ショートカットキー/アプリケーション"

  について、さらに詳しく知りたければ
Windows 7 上級マニュアル [新]Windows7上級マニュアル
 ServicePack対応版



■11 極める!! アプリケーションとMicrosoft Office

◆11-01 アプリケーション環境とアプリケーションテクニック
●ダブルクリックしたときに起動するアプリケーションの指定 ●ダブルクリック時に起動するアプリケーションを使い分ける ●「送る」に送り先のアプリケーションを登録する ●アプリケーションごとに音量を調整する ●画像ファイルを「用紙いっぱいに」印刷する/面付けして印刷する ●旧アプリケーションを活用するために「互換モード」を手動で設定する ●Windows 7で旧ヘルプファイル(*.HLP)を表示可能にする
◆11-02 アプリケーションの同時起動/CPU割り当て/データを開くバッチファイル
●複数のアプリケーションを一発で同時起動する ●複数のデータファイルを一発で同時に開く ●複数のフォルダーを一発で同時に開く ●CPU優先度をあらかじめ指定してアプリケーションを起動する ●任意のCPUコアを指定してアプリケーションを起動する ●ログオン時にアプリケーションを自動起動する
◆11-03 Microsoft Officeの環境づくりとWindows 7への対応
●Windows 7に対応するMicrosoft Officeタイトル ●拡張子「docx」「xlsx」「pptx」のファイルを対応以前のMicrosoft Officeで読み書きする ●別のMicrosoft Officeタイトルを共存する ●64ビットWindows 7(x64)での64ビット版Microsoft Officeの導入 ●Microsoft Officeを導入したのちに「MS-IME」を復活させる ●XP Mode(Windows Virtual PC)を利用した複数Microsoft Officeタイトルの共存
◆11-04 「橋情ランチャー」による最速アプリケーション起動
●プログラムを使わない最速アプリケーション起動「橋情ランチャー」 ●「橋情ランチャー」の作成—ショートカットアイコンの準備 ●「橋情ランチャー」の作成—「Path」への登録 ●「橋情ランチャー」の完成/アプリケーションの素早い起動
■09 極める!! 快適なWindows 7操作環境とショートカットキー

◆9-01 素早い操作を実現するためのデスクトップ環境
●デスクトップ上のアイコン/隠しアイコンにアクセス ●パスワード入力を省略してデスクトップに自動ログオンする設定 ●エクスプローラーに特殊アイコンを配置 ●マウスポインターをダイアログボタンまで自動的に移動する ●邪魔なショートカットアイコンの「- ショートカット」を省略する ●ファイルやオブジェクトを編集するショートカットキー
◆9-02 コントロールパネル項目へアクセスするショートカットキー
●コントロールパネル項目に割り当てられた「キーワード」を利用した検索 ●目的別コントロールパネルにアクセスする ●コントロールパネル項目の一発起動
◆9-03 電源操作/[スタート]メニューのショートカットキー
●電源操作のショートカットキー ●「Windowsのシャットダウン」ダイアログでの電源操作 ●[スタート]メニューの「すべてのプログラム」にアクセスする ●通知領域に素早くアクセスする
◆9-04 デスクトップとウィンドウ関連のスマート操作とショートカットキー
●ウィンドウを移動/サイズ変更をショートカットキーで実現する ●ウィンドウやアプリケーションを閉じるショートカットキー ●デスクトップやエクスプローラーのオブジェクト/Internet Explorer表示全体を拡大する ●デスクトッププレビューとデスクトップ表示のショートカットキー ●マルチディスプレイ環境で有効になるショートカットキー ●Aeroスナップ/Aeroシェイク関連のマウスジェスチャーとショートカットキー ○ウィンドウの半面表示 ○ウィンドウの垂直方向最大化 ○ウィンドウの最大化 ○ウィンドウの単一化(Aeroシェイク)
◆9-05 プログラム起動のショートカットキー
●タスクバーからプログラムを起動するショートカットキー ●タスクバーから同じプログラムを複数起動するショートカットキー ●「Aeroプレビュー」の実行とショートカットキー ●タスクバーアイコンの巡回とカーソルキーによるAeroプレビュー ●タスクバーアイコンへのフォーカス/起動している同種タスクのタスク切り替え
◆9-06 タスク切り替えのショートカットキー
●「フリップ3D」「静止フリップ3D」によるタスク切り替え ●フリップ3Dをショートカットアイコンから実行する ●Windowsフリップによるタスク切り替え
■07 極める!! デスクトップ環境とWindows Aero

◆7-01 Windows Aeroの特性とビジュアルカスタマイズ
●Windows 7のデスクトップテーマ ○Windows Aero ○Windowsベーシック(Windows 7ベーシック) ○Windowsクラシック ●「Windows Aero」の特性と選択 ●新しいAeroテーマを取得する ●Windows Aeroでウィンドウの色や透明度を設定する ●ウィンドウオブジェクトの体裁を詳細に設定する ●デスクトップの視覚効果とパフォーマンス
◆7-02 デスクトップ言語/デスクトップスライドショー/スクリーンセーバー
●デスクトップスライドショー ●デスクトップスライドショーの表示間隔を詳細に調整する ●壁紙を簡素にしてパフォーマンスを優先する ●スクリーンセーバーを設定する ●デスクトップを他言語インターフェースにする ●ログオン画面の言語体系を変更する
◆7-03 デスクトップの解像度とDPI/マルチディスプレイ
●デスクトップオブジェクトをスケーラブルに拡大する ●互換性を無視してデスクトップオブジェクトをスケーラブルに拡大する ●デスクトップの解像度や「向き」を変更する ●デスクトップエリアをより広く使うためのマルチディスプレイ ●マルチディスプレイによるデスクトップの快適操作環境 ●USBディスプレイによるマルチディスプレイ ●ディスプレイの縦置きによる省スペースマルチディスプレイ ●マルチディスプレイ環境におけるレイアウトを柔軟にするVESA規格対応ディスプレイアーム
◆7-04 Windows 7とMicrosoft Officeのフォント
●Windows 7で変更されたフォント ●JIS2004で追加された文字を利用するとファイルが開けない/コピーできない場面 ●文字セット変更によるトラブルへの対策 ●サードパーティフォントとの違いによるトラブル ●Windows OS/Microsoft Officeのフォントを「JIS2004」/「JIS90」にする ○「HGゴシックE」「HG創英角ゴシックUB」「HG創英角ポップ体」「HG明朝E」「HG丸ゴシックM-PRO」をJIS2004にする ○「HGゴシックE」「HG創英角ゴシックUB」「HG創英角ポップ体」「HG明朝E」 「HG丸ゴシックM-PRO」をJIS90にする ○Windows 7/Windows Vistaの基本フォントをJIS90にする ○Windows XPの基本フォントをJIS2004にする
■08 極める!! タスクバーと[スタート]メニュー

◆8-01 タスクバーによるAeroプレビューとタスク操作(Windows Aero)
●タスクバーアイコンによるタスク状態の確認 ●タスクバーアイコンによるタスクの切り替えやタスク終了/特殊操作 ○該当タスクバーアイコンが「単体起動」の場合 ○該当タスクバーアイコンが「複数起動」の場合 ●タスクに対する最大化/最小化/サイズ変更/移動などのショートカットメニュー表示 ●「Aeroプレビュー」の実行 ●「デスクトッププレビュー」の実行/全ウィンドウの最小化 ●タスクバーアイコンによる「進行状況」確認 ●タスクバーアイコンによる特殊タスク操作 ●デスクトッププレビュー機能の有効化設定
◆8-02 タスクバーからのプログラム起動と登録
●タスクバーアイコンによるプログラム起動/複数起動 ●プログラムをタスクバーアイコンとして登録するバリエーション ○起動中のプログラムをタスクバーアイコンとして登録 ○[スタート]メニューの項目をタスクバーアイコンとして登録 ○ショートカットアイコンをドロップしてタスクバーアイコンとして登録 ●タスクバーから任意のタスクバーアイコンの削除 ●タスクバーアイコンの並べ替え ●タスクバーアイコンを多段化する/タスクバーを縦置きにする
◆8-03 ジャンプリスト操作とデータファイルの登録
●ジャンプリストの表示と「最近使ったもの」からのアクセス ●ジャンプリストにいつも表示する項目の登録 ○ジャンプリスト内の項目を「いつも表示」欄へ移動 ○データファイルをタスクバーにドロップ ●データファイルのプロパティを表示する ●ジャンプリスト内の項目を削除する ●ジャンプリストの最近開いた項目を一括削除する/最近開いた項目を自動登録しない ●ログオフ時にジャンプリストの最近開いた項目を自動的に一括削除する
◆8-04 [スタート]メニューの活用とカスタマイズ
●Windows 7の[スタート]メニューの位置づけ ●[スタート]メニューの検索ボックスの活用 ●[スタート]メニューの検索ボックスでデータやお気に入り項目を検索しない ●[スタート]メニューからジャンプリストにアクセス ●[スタート]メニューの各項目表示や表示数の調整 ○[スタート]メニューの各項目の表示設定 ○アイコンのサイズ ○「ファイル名を指定して実行」の表示 ●ユーザーアカウントの画像(ユーザーアイコン)を変更する
◆8-05 通知領域と通知アイコン
●通知領域と通知アイコンの表示 ●通知領域の通知アイコン表示を調整する ●通知領域のシステムアイコン(時計/音量/ネットワークなど)をカスタマイズする ●曜日とカレンダーの表示 ●日本時刻以外の海外時刻の表示 ●通知領域の時計やカレンダーを和暦で表示する ●バルーン通知が表示されている時間を変更する
■10 極める!! エクスプローラー/各種検索/ライブラリ

◆10-01 エクスプローラーと新しい機能性
●Windows 7エクスプローラーの各部位名称と機能 ●プレビューウィンドウでデータファイルの内容を確認する ●エクスプローラーの「お気に入り」 ●「お気に入り」に任意のフォルダーを登録する ●エクスプローラーの並べ替えにおける自動桁ぞろえを停止する
◆10-02 ライブラリの特性と活用
●「ライブラリ」の活用 ●ネットワークで共有しやすい(共有されやすい)「ライブラリ」 ●「ライブラリ」の危険性を理解する ●「ライブラリ」の扱い方と「マイ〜」フォルダー ●各ライブラリの設定 ●メディアファイルの情報タグを編集する
◆10-03 検索ボックスの活用とカスタマイズ
●エクスプローラーの「検索ボックス」 ●検索結果からファイルを開く/ファイルの場所を開く ●検索フィルターで条件指定して検索する ●検索ボックスで検索する際に「ファイルの内容」まで検索対象にする ●エクスプローラーの検索ボックスからWebサイト内を検索する ●検索ボックスの検索キーワード履歴を利用/削除する ●検索ボックスで入力した検索キーワード履歴を非表示にする
◆10-04 検索インデックス機能と検索ボックス/ライブラリの関係
●検索インデックス機能の役割と「ライブラリ」の関係 ●検索インデックス機能の特性 ●検索インデックス機能においてインデックスデータベースを作成する「ファイル種類」の指定 ●検索インデックス機能のデータベースロケーション設定 ●検索インデックス機能を停止する
■付録

◆01 レジストリエディターによるカスタマイズと保存復元
●レジストリエディターの概要 ●レジストリエディターで表示される基本ルートキー ●「値のデータ」の改変 ●「キー」や「値」の作成 ●レジストリにおける値の種類 ●レジストリキーのお気に入り登録 ●登録したお気に入りの改変や削除 ●「キー」や「値」の検索 ●レジストリ設定をファイルに保存(エクスポート) ●保存したレジストリファイルの活用(レジストリ設定の書き戻し)
◆02 コマンドプロンプトとコマンド/バッチファイル
●エクスプローラーから任意のカレントでコマンドプロンプトを起動する ●コマンドプロンプトとWindows OSデスクトップ間のコピー&ペースト ●コマンド実行後の結果表示をテキストに出力する(リダイレクト) ●ヒストリを利用したコマンド入力 ●コマンド入力におけるパスの自動入力 ●コマンドを連続実行できるバッチファイルの作成 ○バッチファイルの作成 ○バッチファイルの保存 ●コマンド処理の一時停止/停止
◆03 旧Windows OS互換設定(旧タスクバー)
●Windows 7の新しい操作を停止して旧Windows OS相当を実現する ●Windows 7固有のウィンドウ変形である「Aeroスナップ」を停止する ●タスクバーアイコンにラベルを表示する ●エクスプローラーで現在位置をフォルダーツリー展開させる設定 ●エクスプローラーのメニューバーを常に表示する ●Windows XPのようなデスクトップ装飾にする ●通知領域に必要/すべての通知アイコンを表示する ●「検索ボックス」などのWindows 7固有機能を無効にする
■01 極める!! 32ビットWindows 7(x86)&64ビットWindows 7(x64)の基本環境とツール
◆1-01 Windows 7のシステム/エディションとサービスパック ◆1-02 Windows 7を操作/カスタマイズする前の基本設定 ◆1-03 Windows 7のカスタマイズツールとカスタマイズに使えるテクニック ◆1-04 本書の特徴と用語表記
■02 極める!! 64ビットWindows 7(x64)のシステムとアドバンテージ
◆2-01 64ビットWindows 7(x64)のアドバンテージとシステム構造 ◆2-02 64ビットWindows 7(x64)でのデバイスとプログラムの互換性と64ビット版アプリケーション ◆2-03 64ビットWindows 7(x64)の固有の操作/知識/32ビットと64ビットの使い分け ◆2-04 64ビットWindows 7(x64)の互換性応用テクニック
■03 極める!! Windows 7のシステム特性とパフォーマンスカスタマイズ
◆3-01 Windows 7のシステム特性とシステムトリック ◆3-02 CPUの割り当てとパフォーマンス設定 ◆3-03 キャッシュ関連のカスタマイズ
■04 極める!! サービスとプログラムの最適化/電源関連の設定
◆4-01 サービスとプロセスの確認/最適化 ◆4-02 常駐/自動起動/自動動作するプログラムの抑止 ◆4-03 電源/スリープ環境のカスタマイズ
■05 極める!! ストレージ(ハードディスク/SSD)動作とテンポラリの最適化
◆5-01 ストレージ環境の最適化 ◆5-02 不要ファイルの削除/フラグメンテーションの解消 ◆5-03 ページングファイル(仮想メモリ)の最適化 ◆5-04 テンポラリ配置の最適化
■06 極める!! SSD(Solid State Drive)搭載マシンでのWindows 7最適化
◆6-01 SSDの特性とキャッシュ/SSD向けのデフラグ ◆6-02 SSD向けシステムカスタマイズ ◆6-03 SSD環境においてドライブ空き容量が気になる場合のカスタマイズ
■12 極める!! Windows 7の新しいパーティション管理とパーティション操作/ダイナミックディスク
◆12-01 Windows 7で変化したブート領域とパーテション管理/パーティションを扱う上での知識と注意 ◆12-02 ハードディスク/SSDのパーティション操作を扱う際の前準備 ◆12-03 ダイナミックディスクとソフトウェアストライピング
■13 極める!! システムとデータのバックアップ/ファイル復元(シャドウコピー)
◆13-01 削除したファイル/過去状態のデータファイルが復元できる「シャドウコピー」 ◆13-02 データファイルのバックアップ/システムのバックアップ ◆13-03 システムのバックアップと復元
■14 極める!! Windows 7のインストール/メンテナンスと緊急起動
◆14-01 Windows 7のインストール ◆14-02 セーフモードとシステム回復オプション ◆14-03 ハードウェアの正常性チェック
■15 極める!! XP Mode(XPモード)とWindows Virtual PC
◆15-01 XP Mode(XPモード)とWindows Virtual PC ◆15-02 XP Modeの基本操作と「Windows XP」との違い ◆15-03 XP ModeのUSBデバイス制御とカスタマイズ ◆15-04 XP Modeへのアプリケーション導入/仮想アプリケーションの起動 ◆15-05 無限増殖したXP Modeを運用する(差分ディスク) ◆15-06 仮想マシンにWindows 7/Windows Vista/Windows XPをインストール
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)