Win7 [Windows7サイド]  ※記事検索: [記事検索] / [タグ検索] / [記事一覧]  ※Windows 8→ http://Windows8.jp  ※Windows RT→ http://WindowsRT.jp  ※HJSK→ http://hjsk.jp
[Windows7サイド] Win7
Win7.jp
動画サーバーマニアックス~DLNA&トランスコードで快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応 動画サーバー・マニアックス 地デジ/CS/ネット動画がスマホ&タブレットで視聴できる! メディアサーバー構築&活用
著作権保護映像&リアルタイムCS&ケーブルテレビ映像をiOS/Android/PCで視聴!!トランスコードで視聴環境を最適化、デジタル家電にも対応するDLNAから特殊動画サーバーまで、スムーズに視聴するためのネット環境や、汎用性の高い動画エンコードまで
サービスパック対応版 Windows 7上級マニュアル [サービスパック対応] 新Windows7上級マニュアル
Windows 7 SP1 のすべてをぶ厚く語りつくす!
64ビット完全対応 。XP Mode、SSD、新機能、使いこなし、システムカスタマイズまで完全網羅!! UEFIやUSB3.0などの最新ハードウェアにも対応. 全チップス書き直し&大幅強化の完全書き直し!! [目次一覧] [内容紹介]
新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応 新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応
本当のiPadのビジネス活用がここに!! iPadを利用したスマートなプレゼン実践、Pages/Numbers/Keynoteの活用、PDFにマーカーや図形の書き込み、振り分けPC連携メール、クラウド活用、バックアップ、プライバシー&セキュリティ確保など [目次一覧]
Windows7専門サイト「Win7.jp」   新登場!! “動画サーバーマニアックス”~DLNA&トランスコード~ 快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応
新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でタスクマネージャーを起動する3つの方法

※この記事はWindows 7正規版以前(RC等)のものです。正規版の記事は コチラ

起動しているアプリケーションの制御や、プロセス、パフォーマンスを確認できる「タスクマネージャー」ですが、Windows 7以降からはWindows XPで割り当てられていた「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーによる直接起動ができなくなりました。
タスクマネージャーを起動するには、以下の三つの方法から任意のものを選択します。

○「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーからの起動

Windows 7でタスクマネージャーを起動するには
☆Windows XPでは「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーでタスクマネージャーを起動できましたが、Windows 7ではルートメニュー画面になります。この画面からでも「T」キーを押せばタスクマネージャーを起動できます。

○キーボードショートカットでタスクマネージャーを起動


停電・震災に備えるPC管理術 データ/ネットワークを守る安心環境を構築せよ
Windows 7でタスクマネージャーを起動するには
☆Windows 7でタスクマネージャーを直接起動するには、「Ctrl」+「Shift」+「Esc」キーを入力します。

○タスクバーからのタスクマネージャーを起動


Windows 7でタスクマネージャーを起動するには
☆タスクバーを右クリックして、メニューから「タスクマネージャーの起動」を選択しても、タスクマネージャーを起動することができます。



"トランスコード対応サーバー"でスマホ&タブレットでも快適動画
iPhone/iPad/iPod touchやAndroidスマートフォン/タブレットでも
「著作権保護された録画デジタル放送」「リアルタイム地デジ/CS/ケーブルテレビ」
を楽しみたい! 動画サーバー上のコンテンツをスムーズに変換して視聴したい!!


  について、さらに詳しく知りたければ↓↓↓
動画サーバーマニアックス~DLNA&トランスコードで快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応

■Chapter 01 メディアサーバーでできること

◆01 メディアサーバーで動画を視聴するまでの流れ
●動画・画像・音声コンテンツを管理できるメディアサーバー ●再生できない問題を解決するトランスコード ●録画したデジタル放送番組の視聴 ●ネットワーク設定を工夫してPCとNASを連携 ●パフォーマンスを追求するためのネットワーク設定
◆02 環境構築に必要な機器と予算
●メディアサーバーはさまざまな機器で構築できる ●メディアサーバーの種類 ○DLNAサーバー ○トランスコード対応サーバー ○リモートコントロール対応サーバー ○DTCP-IP対応DLNAサーバー ●PCによるメディアサーバーの特徴と予算 ○DLNAサーバーの場合 ○トランスコード対応サーバーの場合 ○リモートコントロール対応サーバーの場合 ○DTCP-IP対応DLNAサーバーの場合 ●NASによるメディアサーバーの特徴と予算 ●USBメディアサーバーの特徴と予算 ●ルーターによるメディアサーバーの特徴と予算 ●家電レコーダーサーバーの特徴と予算
◆03 メディアサーバーとクライアントの相性
●メディアサーバーにアクセスできるクライアントの種類 ●iPhone/iPad/iPod touchの特性 ○あらゆるコンテンツをスムーズに再生するには ○デジタル録画番組を視聴するには ○メディアサーバーの選択 ●Androidスマートフォン/タブレットの特性 ○あらゆるコンテンツをスムーズに再生するには ○デジタル録画番組を視聴するには ○メディアサーバーの選択 ●クライアントPCの特性 ○あらゆるコンテンツをスムーズに再生するには ○デジタル録画番組を視聴するにな ○メディアサーバーの選択 ●PlayStation 3の特性 ○メディアサーバーの選択 ●Xbox 360の特性 ○メディアサーバーの選択 ●ネットワークメディアプレイヤーの特性 ○メディアサーバーの選択
◆04 メディアサーバーの基礎知識と用語
●DLNA規格とDTCP-IP/デバイスクラス ○デバイスクラスとは ●メディアサーバー構築時に共通する注意点 ○用語の揺れ ○ソフト/アプリ導入時の注意点 ○バージョンの差異と設定の違い ○OSの進化 ●本書の用語定義 ○メディアサーバー ○クライアント ○トランスコード(Transcode) ○特定機種専用トランスコード対応サーバー ○エンコード(encode) ○リモートコントロール対応サーバー ○ソフト/アプリ
■Chapter 02 PCの準備と共通設定

◆01 PCでの事前準備
●Windows OSの共通設定 ○コントロールパネルの表示設定 ○ファイル拡張子の表示
◆02 メディアサーバーPCの共通設定
●メディアサーバーPCの設定ポイント ○Windows 7/Vistaのコンピューター名設定 ○Windows 7の共有許可設定 ○Windows Vistaの共有許可設定 ○Windows XPのコンピューター名設定/共有許可設定
◆03 セキュリティ設定の注意事項
●コーデック環境の整備 ●ソフトウェア導入時の注意事項 ○ダウンロード時の注意 ○「~ツールバー」などのスパイウェアを導入しない ●セキュリティ設定のポイント ○アンチウィルスソフトによるプロテクト ○不要なプログラムは導入しない ○定期的なアップデート ●ファイアウォールの設定 ○ソフトウェア導入時の通信許可 ○アクセスできない場合の確認 ●IPアドレス固定化の検討 ●メディアサーバー専用PCのメリット
■Chapter 03 DLNAサーバーの構築

◆01 DLNAサーバーでできること
●すべての基本となるDLNAサーバー ●DLNAサーバーの種類と特徴 ●プライバシーの設定 ●セキュリティ上の注意点
◆02 【DLNAサーバーの構築方法 1】Windowsメディアストリーミングの場合
●Windows 7の標準機能でDLNAサーバーを構築 ●Windowsメディアストリーミングの設定 ○Windowsメディアストリーミングの有効化 ○ライブラリ名と共有許可設定 ●Windowsのライブラリ設定 ○ライブラリへのアクセス ○ライブラリにフォルダーを登録する ○登録したフォルダーを確認/設定する ●Windowsメディアストリーミングへのアクセス
◆03 【DLNAサーバーの構築方法 2】Windows Medeia Playerの場合
●最新版Windows Media Playerの入手 ●Windows Media Playerの設定 ○DLNAサーバー機能の有効化 ○サーバー名と共有許可設定 ○DLNAサーバーで公開するフォルダー指定 ●Windows Media Playerへのアクセス
◆04 【トランスコード対応サーバーの構築方法 1】TVersityの場合
●TVersityの特徴 ●TVersityの導入 ○表示名と公開フォルダーの設定 ○ツールバーを導入しない ●公開フォルダーの指定 ●トランスコードの設定 ○対象クライアント端末の指定 ○自動起動の設定 ○ポート番号の指定 ○トランスコードの設定 ●再起動/サーバー停止と終了 ●TVersityへのアクセス
◆05 【トランスコード対応サーバーの構築方法 2】市販ソフトの場合
●市販ソフトによるDLNAサーバー ○PowerDVDの特徴 ○PowerDVDメディアサーバーの設定 ○PowerDVDメディアサーバーへのアクセス ○B's 動画 on TVの特徴
◆06 NASを活用したメディアサーバー
●NASの特徴と種類 ●NASによるメディアサーバーのメリット ○汎用的なファイルフォーマットに変換して管理する ○PCと併用して運用する ●NASの設定コンソール ○設定コンソールへのログオン ○DLNAサーバーの設定 ○サーバー名の設定
■Chapter 04 各種クライアントの視聴設定

◆01 DLNAクライアントの基礎知識
●DLNAクライアントとは ●DLNAサーバーとの相性 ●コンテンツのリストアップの特徴 ●映像化もDNLAクライアントの役割
◆02 PCからDLNAサーバーにアクセスする
●PCからのアクセス手順 ●Windowsの標準機能を利用する ○Windows Media Playerからアクセスする ○Windows Media Centerからアクセスする ●サードパーティDNLAクライアントを利用する ●共有フォルダーへのアクセス ●動画プレーヤーの活用
◆03 iPhone/iPad/iPod touchからDLNAサーバーにアクセスする
●iOS端末からのアクセス手順 ●iOS端末用のDLNAアプリ ○AcePlayer ○Media Link Player Lite ●TVersity Proへのアクセス ○Safariからのアクセス ●PowerDVDサーバーへのアクセス ○PowerDVD Mobile iOSからのアクセス ●DLNA規格に準拠しないサーバーでは
◆04 Androidスマートフォン/タブレットからDLNAサーバーにアクセスする
●Android端末からのアクセス手順 ●Android端末用のDLNAアプリ ○BubbleUPnP ○Skifta ●動画プレーヤーと連携した視聴 ○VPlayer ○MX動画プレーヤー ●デフォルトアプリの割り当て変更 ○デフォルトアプリの割り当て設定 ○DefaultApp Resetを使った割り当て解除 ●共有フォルダーへのアクセス ○ESファイルエクスプローラー ●PowerDVDサーバーへのアクセス ○PowerDVD Mobile Androidからのアクセス
◆05 家庭用テレビでDLNAサーバー内のコンテンツを視聴する
●家庭用テレビとDLNA規格 ●ネットワークメディアプレーヤーを利用する場合 ○ネットワークメディアプレーヤーからのアクセス ●PlayStation 3を利用する場合 ○メディアサーバー接続設定 ○ビデオを利用した視聴 ●Xbox 360を利用する場合 ○ビデオプレーヤーを利用した視聴 ○コーデックのインストール
◆06 デジタルメディアコントローラーの活用
●DMCでDMRをリモート操作 ●Windows Media PlayerをDMCとして使う ○Windows Media PlayerでDMRをリモート操作 ○Windows Media PlayerをDMRに設定 ●iOS端末対応のDMC実行アプリ ○DiXiM DMCでDMRをリモート操作 ●Android端末対応のDMC実行アプリ ○SkiftaでDMRをリモート操作 ●各種DLNAアプリのDMR化
■Chapter 05 スマートフォンに最適化した専用サーバーの構築

◆01 iOS端末に最適化した動画・画像サーバー
●iOS端末の特性とDLNA規格以外の選択 ●AirVideoを利用した動画視聴 ○AirVideoからのアクセス ○動画コンテンツの視聴 ○動画コンテンツのスムーズな再生(エンコード) ●Splashtop Remote Desktopでリモートコントロール ○Splashtop Remote Desktopでの視聴 ○Splashtop Remote Desktopでのリモート操作 ●ImageBankを利用した画像閲覧 ○ImageBankからのアクセス ●電源のリモートコントロール ○Remote Boot Liteの設定 ○電源リモートコントロールの実行
◆02 Android端末に最適化した動画・画像サーバー
●Android端末の特性とDLNA規格以外の選択 ●Qloud Mediaを利用した動画視聴 ○Qloud Mediaからのアクセス ○動画コンテンツの視聴 ○画像コンテンツの閲覧 ●Comitto!で共有フォルダーに直接アクセス ○Comitto!でのアクセス ●Splashtop Remote Desktopでリモートコントロール ○Splashtop Remote Desktopでの視聴 ○Splashtop Remote Desktopでのリモート操作 ●電源のリモートコントロール ○WoL Wake On Lan Wanの設定 ○電源リモートコントロールの実行
◆03 専用サーバーの構築方法
●クライアントや目的に特化したサーバー構築 ●AirVideo Serverのセットアップ ○AirVideo Serverのインストール ○AirVideo Serverの設定 ●ImageBank Serverのセットアップ ○ImageBank Serverのインストール ○ImageBank Serverの設定 ●Qloud Serverのセットアップ ○Qloud Serverのインストール ○ユーザーの作成 ○Qloud Serverの設定 ○Qloud Serverの情報確認 ●Splashtop Streamerのセットアップ ○Splashtop Streamerのインストール ○Splashtop Streamerの設定
■Chapter 06 録画したデジタル番組をメディアサーバーで視聴

◆01 DTCP-IP対応環境の構築
●DTCP-IP規格と対応方法 ●ブルーレイ・DVDレコーダーでの構築 ○DLNAサーバー機能の有効化 ○DLNAクライアントの受け入れ許可設定 ○省電力設定 ●PC+TVチューナーユニットでの構築 ●NASでの構築 ●DTCP-IPに対応したクライアント端末 ○ネットワークメディアプレーヤー ○PlayStation 3 ●DTCP-IPに対応したクライアントソフト ○DiXiM Digital TV plus ○PowerDVD ○SoftDMA
◆02 DLNA規格に準拠しない裏テクニック
●デジタル放送番組をスマートフォン/タブレットで視聴するには ●ストリーミングアダプターを利用する方法 ○VULKANO FLOWのセットアップ ○PCでの視聴 ○VULKANO FLOWの再生設定 ○iOS端末での視聴 ○Android端末での視聴 ●エンコーダを利用する方法 ○Windows Mediaエンコーダの設定 ○Windows Media Playerでの視聴 ●特殊TVチューナーユニットを利用する方法 ●Splashtop Remote Desktopを利用する方法 ○PCをクライアントとして使う場合 ○Splashtop Remote Desktopのインストール ○Splashtop Remote Desktopによる視聴
■Chapter 07 動画の入手/変換テクニック

◆01 コーデックとコンテナ
●コーデックの役割 ●動画ファイルの内訳とコンテナ ●コーデックのインストール ○各種コーデック/コンテナの入手先
◆02 動画コンテンツの入手とエンコード
●DVD-VideoをISOファイル化する ○DVD Shrinkの設定 ○DVD-VideoのISOファイル化 ●ISOファイルをマウントする ○Alcohol 52%の設定 ○ISOファイルのマウント ●YouTubeやニコニコ動画の動画を保存する ○Craving Explorerの設定 ○動画のダウンロードと保存 ●ISOファイルを動画ファイルに保存する ○Handbrakeの設定 ○ISOファイルの読み込み ○MPEG-4形式の動画生成 ○字幕・音声切り替え対応MKV形式の動画生成 ●各種動画ファイルフォーマットをMPEG-4形式に変換する ○MPEG-4形式への変換 ●紙情報を画像コンテンツにする方法
■Chapter 08  メディアサーバーのためのアドバンスドネットワーク

◆01 メディアサーバーを快適に運用するためのネットワーク環境
●メディアサーバーに適したネットワーク環境とは ●メディアサーバー本体は有線LAN接続が基本 ●レイアウトに配慮した接続 ○イーサネットコンバーターの活用 ●無線LAN通信の最適化 ○無線LANの通信規格 ○通信規格の使い分け ○チャンネル変更による干渉の回避 ●ルーターの役割を確認する ●ダブルルーターの解決 ○本体の物理スイッチでアクセスポイント化する ○設定コンソールでDHCP/NATを停止する ●外出先からのアクセスとポートマッピング
◆02 ネットワーク情報の確認
●PCからネットワーク情報を確認する ○NetEnumでネットワーク情報を取得する ○ルーター/NASの設定コンソールにアクセスする ●iOS端末からネットワーク情報を確認する ○Fingでネットワーク情報を取得する ●Android端末からネットワーク情報を確認する ○Fingでネットワーク情報を取得する ●Windows 7のファイアウォール設定 ○通信の許可 ○通信許可されているプログラムの確認 ○通信許可プログラムの追加 ●Windows Vistaのファイアウォール設定 ○通信の許可 ○通信許可されているプログラムの確認 ○通信許可プログラムの追加 ●Windows XPのファイアウォール設定 ○通信の許可 ○通信許可されているプログラムの確認 ○通信許可プログラムの追加
◆03 IPアドレスの固定化
●IPアドレス固定化のメリット ●IPアドレス固定化の方法 ●ネットワーク機器ごとにIPアドレスを固定する ○Windows OSの場合 ○スマートフォン/タブレットの場合 ●ルーターでIPアドレスを固定する
◆04 電源のリモートコントロール
●Wake On LANとは ●Wake On LANの条件を満たすためのPC環境 ●UEFI/BIOSの設定 ●ネットワークアダプターの設定 ●デバイスマネージャーでの許可設定 ●クライアントPCからのリモートコントロール ○Wake up On Lan Toolのセットアップ ○リモートコントロールの実行 ●再起動のリモートコントロール ○コマンドプロンプトによる再起動

動画サーバーマニアックス~DLNA&トランスコードで快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応


"Windows 7のシステム構造 64bit(x64)/32bit(x86)"


  について、さらに詳しく知りたければ

Windows 7 上級マニュアル [新]Windows7上級マニュアル
 ServicePack対応版



■02 極める!! 64ビットWindows 7(x64)のシステムとアドバンテージ

◆2-01 64ビットWindows 7(x64)のアドバンテージとシステム構造
●64ビットWindows 7(x64)の「アドバンテージ」 ●広大なメモリエリアを余すことなく活用できる64ビットWindows 7(x64) ●64ビットWindows 7(x64)における32ビットプログラムの動作構造 ●64ビットWindows 7(x64)で32ビットプログラムを動作させるための仕組みを理解する
◆2-02 64ビットWindows 7(x64)でのデバイスとプログラムの互換性と64ビット版アプリケーション
●64ビットWindows 7(x64)で動作する32ビットプログラム/動作しない32ビットプログラム ●64ビットWindows 7(x64)におけるデバイス(ハードウェア)の利用と互換性 ●システム層で理解するプログラム/デバイス(ハードウェア)の互換性
◆2-03 64ビットWindows 7(x64)の固有の操作/知識/32ビットと64ビットの使い分け
●64ビット版/32ビット版アプリケーションの使い分け方と環境構築 ●64ビット版Internet Explorerの存在と32ビット版Internet Explorerが標準の意味 ●64ビット版/32ビット版レジストリエディターの違い ●アプリケーション(プロセス)が64ビット/32ビットかの確認
◆2-04 64ビットWindows 7(x64)の互換性応用テクニック
●「Windows Virtual PC(XP Mode)」を活用した32ビットOSにしか対応しないデバイス/プログラムの動作 ●32ビットWindows OS(x86)を直接操作してデバイス/プログラムの動作を解決する「リモートコントロール」 ●「互換モード」を利用した64ビットWindows 7(x64)で動作しない32ビット版アプリケーション動作 ●マルチブートによる32ビットWindows OS(x86)と64ビットWindows OS(x64)の起動
■03 極める!! Windows 7のシステム特性とパフォーマンスカスタマイズ

◆3-01 Windows 7のシステム特性とシステムトリック
●Windows 7のシステムバージョンとカスタマイズ ●各管理フォルダーのロケーション ●管理フォルダーの違いを克服するシンボリックリンクによるジャンクションアクセス ●プロセスの優先度を制御する「Low Priority I/O」 ●マルチメディア処理を最優先するWindows 7 ●サービスの最適化により高速化したWindows 7
◆3-02 CPUの割り当てとパフォーマンス設定
●アプリケーションの実行ファイル名(プロセス)を探る ●プログラムに対して「CPU優先度」を指定する ●プログラムが利用するマルチコアCPUの「CPUコア」を指定する ●プログラム処理から見たハイパースレッディング処理の最適化 ●バックグラウンドタスクの優先度を調整する ●フォアグラウンドとバックグラウンドの優先度関係を詳細に設定する ●デスクトップの装飾とCPU負荷の関係 ●効果音とWindows 7のパフォーマンス
◆3-03 キャッシュ関連のカスタマイズ
●SSD(Solid State Drive)の特性に合わせて最適化を行うWindows 7のキャッシュ機能 ●プリフェッチ機能によるアプリケーション起動の高速化 ●プリフェッチ機能の動作確認 ●「Windows SuperFetch」によるアプリケーション起動の高速化 ●USBメモリを利用したWindows ReadyBoost機能とその効果 ●USB 3.0+超高速USBメモリでのWindows ReadyBoostは効果があるか? ○USB 3.0+超高速USBメモリでのハードウェアテスト環境 ○USB 3.0+超高速USBメモリでのWindows ReadyBoostの計測結果 ○Windows ReadyBoostの結論 ●プリフェッチ機能の停止 ●「Windows SuperFetch」と「Windows ReadyBoost」の停止
■11 極める!! アプリケーションとMicrosoft Office

◆11-01 アプリケーション環境とアプリケーションテクニック
●ダブルクリックしたときに起動するアプリケーションの指定 ●ダブルクリック時に起動するアプリケーションを使い分ける ●「送る」に送り先のアプリケーションを登録する ●アプリケーションごとに音量を調整する ●画像ファイルを「用紙いっぱいに」印刷する/面付けして印刷する ●旧アプリケーションを活用するために「互換モード」を手動で設定する ●Windows 7で旧ヘルプファイル(*.HLP)を表示可能にする
◆11-02 アプリケーションの同時起動/CPU割り当て/データを開くバッチファイル
●複数のアプリケーションを一発で同時起動する ●複数のデータファイルを一発で同時に開く ●複数のフォルダーを一発で同時に開く ●CPU優先度をあらかじめ指定してアプリケーションを起動する ●任意のCPUコアを指定してアプリケーションを起動する ●ログオン時にアプリケーションを自動起動する
◆11-03 Microsoft Officeの環境づくりとWindows 7への対応
●Windows 7に対応するMicrosoft Officeタイトル ●拡張子「docx」「xlsx」「pptx」のファイルを対応以前のMicrosoft Officeで読み書きする ●別のMicrosoft Officeタイトルを共存する ●64ビットWindows 7(x64)での64ビット版Microsoft Officeの導入 ●Microsoft Officeを導入したのちに「MS-IME」を復活させる ●XP Mode(Windows Virtual PC)を利用した複数Microsoft Officeタイトルの共存
◆11-04 「橋情ランチャー」による最速アプリケーション起動
●プログラムを使わない最速アプリケーション起動「橋情ランチャー」 ●「橋情ランチャー」の作成—ショートカットアイコンの準備 ●「橋情ランチャー」の作成—「Path」への登録 ●「橋情ランチャー」の完成/アプリケーションの素早い起動
■12 極める!! Windows 7の新しいパーティション管理とパーティション操作/ダイナミックディスク

◆12-01 Windows 7で変化したブート領域とパーテション管理/パーティションを扱う上での知識と注意
●Windows 7のブート構造と独立したパーティション ●「起動領域」の独立によるWindows 7のメンテナンス ●「ベーシックディスク」と「ダイナミックディスク」を知る ○「ベーシックディスク」 ○「ダイナミックディスク」 ●ベーシックディスクのパーティション種類を知る ○プライマリパーティション(基本領域/基本パーティション) ○拡張パーティション(拡張領域) ○論理ドライブ
◆12-02 ハードディスク/SSDのパーティション操作を扱う際の前準備
●「ディスクの管理」の起動 ●パーティションの作成 ●ストレージ用のファイルシステム ●フォーマットと「アロケーションユニットサイズ」 ●パーティションのサイズ変更 ●パーティションを分割する ●ドライブ文字の変更(ストレージ/光学ドライブ/USBメモリ) ●パーティションを「フォルダー」にマウントする
◆12-03 ダイナミックディスクとソフトウェアストライピング
●ダイナミックディスクとは ○シンプルボリューム ○スパンボリューム ○ストライプボリューム ●ダイナミックディスクの欠点と問題点を知る ○ディスク系のメンテナンスツール/システムバックアップツールが対応していない ○対応OSとエディションが限られる/ストレージ内が見えない ○OS混在環境/マルチブート環境への対応が難しい ○ダイナミックディスクはベーシックディスクに変換できない ●ストレージに「ダイナミックディスク」を適用する ●不連続ディスク領域を1つの領域として扱う[ダイナミックディスク] ●ストライピングの設定[ダイナミックディスク]
■13 極める!! システムとデータのバックアップ/ファイル復元(シャドウコピー)

◆13-01 削除したファイル/過去状態のデータファイルが復元できる「シャドウコピー」
●「シャドウコピー」と連動する「システムの復元」機能 ●「システムの復元(Windowsの復元)」と「シャドウコピー」の設定 ●スナップショットとスナップショットの作成 ●シャドウコピーを利用して「削除したデータファイル」「過去状態のデータファイル」を復元する
◆13-02 データファイルのバックアップ/システムのバックアップ
●データファイルのバックアップ(Windowsバックアップ) ○「Windowsバックアップ」の設定ウィザード実行 ○バックアップ先(バックアップを保存する場所)の選択 ○バックアップ対象の選択① ○バックアップ対象の選択② ○バックアップのスケジュールの設定 ●バックアップ状況を確認する/バックアップを任意実行する ●「Windowsバックアップ」でバックアップしたデータファイルの復元 ○復元したいデータファイルの選択 ○復元先の選択
◆13-03 システムのバックアップと復元
●Windows 7システムのバックアップ(システムイメージの作成) ●「システムイメージの作成」でバックアップしたWindows 7システムのリカバリ
■01 極める!! 32ビットWindows 7(x86)&64ビットWindows 7(x64)の基本環境とツール
◆1-01 Windows 7のシステム/エディションとサービスパック ◆1-02 Windows 7を操作/カスタマイズする前の基本設定 ◆1-03 Windows 7のカスタマイズツールとカスタマイズに使えるテクニック ◆1-04 本書の特徴と用語表記
■04 極める!! サービスとプログラムの最適化/電源関連の設定
◆4-01 サービスとプロセスの確認/最適化 ◆4-02 常駐/自動起動/自動動作するプログラムの抑止 ◆4-03 電源/スリープ環境のカスタマイズ
■05 極める!! ストレージ(ハードディスク/SSD)動作とテンポラリの最適化
◆5-01 ストレージ環境の最適化 ◆5-02 不要ファイルの削除/フラグメンテーションの解消 ◆5-03 ページングファイル(仮想メモリ)の最適化 ◆5-04 テンポラリ配置の最適化
■06 極める!! SSD(Solid State Drive)搭載マシンでのWindows 7最適化
◆6-01 SSDの特性とキャッシュ/SSD向けのデフラグ ◆6-02 SSD向けシステムカスタマイズ ◆6-03 SSD環境においてドライブ空き容量が気になる場合のカスタマイズ
■07 極める!! デスクトップ環境とWindows Aero
◆7-01 Windows Aeroの特性とビジュアルカスタマイズ ◆7-02 デスクトップ言語/デスクトップスライドショー/スクリーンセーバー ◆7-03 デスクトップの解像度とDPI/マルチディスプレイ ◆7-04 Windows 7とMicrosoft Officeのフォント
■08 極める!! タスクバーと[スタート]メニュー
◆8-01 タスクバーによるAeroプレビューとタスク操作(Windows Aero) ◆8-02 タスクバーからのプログラム起動と登録 ◆8-03 ジャンプリスト操作とデータファイルの登録 ◆8-04 [スタート]メニューの活用とカスタマイズ ◆8-05 通知領域と通知アイコン
■09 極める!! 快適なWindows 7操作環境とショートカットキー
◆9-01 素早い操作を実現するためのデスクトップ環境 ◆9-02 コントロールパネル項目へアクセスするショートカットキー ◆9-03 電源操作/[スタート]メニューのショートカットキー ◆9-04 デスクトップとウィンドウ関連のスマート操作とショートカットキー ◆9-05 プログラム起動のショートカットキー ◆9-06 タスク切り替えのショートカットキー
■10 極める!! エクスプローラー/各種検索/ライブラリ
◆10-01 エクスプローラーと新しい機能性 ◆10-02 ライブラリの特性と活用 ◆10-03 検索ボックスの活用とカスタマイズ ◆10-04 検索インデックス機能と検索ボックス/ライブラリの関係
■11 極める!! アプリケーションとMicrosoft Office
◆11-01 アプリケーション環境とアプリケーションテクニック ◆11-02 アプリケーションの同時起動/CPU割り当て/データを開くバッチファイル ◆11-03 Microsoft Officeの環境づくりとWindows 7への対応 ◆11-04 「橋情ランチャー」による最速アプリケーション起動
■14 極める!! Windows 7のインストール/メンテナンスと緊急起動
◆14-01 Windows 7のインストール ◆14-02 セーフモードとシステム回復オプション ◆14-03 ハードウェアの正常性チェック
■15 極める!! XP Mode(XPモード)とWindows Virtual PC
◆15-01 XP Mode(XPモード)とWindows Virtual PC ◆15-02 XP Modeの基本操作と「Windows XP」との違い ◆15-03 XP ModeのUSBデバイス制御とカスタマイズ ◆15-04 XP Modeへのアプリケーション導入/仮想アプリケーションの起動 ◆15-05 無限増殖したXP Modeを運用する(差分ディスク) ◆15-06 仮想マシンにWindows 7/Windows Vista/Windows XPをインストール
■付録
◆01 レジストリエディターによるカスタマイズと保存復元 ◆02 コマンドプロンプトとコマンド/バッチファイル ◆03 旧Windows OS互換設定(旧タスクバー)
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)