Windows 7は「2020年1月14日」にサポートが終了します。サポート終了後は セキュリティアップデートが行われないため 、Windows 10に移行する必要があります。 ”Windows 10の導入&PC移行&操作&設定&活用”についてはコチラ か以下で検索

震災復興支援として書籍を無償公開しました

このたびの東日本大震災において,被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

私たちIT関連の仕事に携わる者が,このような未曾有の状況の中で,なにか支援としてできることはないかと模索していたところ,私(橋本和則)の著書を複数出版させていただいている「株式会社技術評論社(代表取締役 片岡巌)」のご厚意により,このたび著書の1つである『Windows XPで作る スマート自宅サーバー』のPDFファイルを無償公開できる運びとなりました。
ダウンロードは、下記リンクをクリックして、技術評論社サイトでお願いします。

●『Windows XPで作る スマート自宅サーバー』PDFファイル無償公開
iWindows XPで作る スマート自宅サーバー』PDFファイル無償公開
『Windows XPで作る スマート自宅サーバー』は

・遠隔地からPCをリモートコントロール
・遠隔地の映像をリアルタイム映像配信
・友人/知人/会社間における無制限のファイルの受け渡し

を可能にするテクニックを解説した本です。書名はWindows XPとなっておりますが,テクニック全般はWindows 7やWindows Vistaでも利用可能です。しかしながら,Windows XP SP2の時期に出版された書籍ですので,一部の情報に古い部分がございます。あらかじめご了承ください。

この書籍は,とくに今回の震災において会社への移動が困難になった方,リアルタイム映像配信による安否確認,遠隔地同士の大容量ファイル受信送信などに応用することができます。

なお,残念ながら本書籍の内容は,被災された方に対して直接お役にたてる内容ではございません。

そのような事情もありますので,本書をダウンロードされた方は任意で構いませんので被災者の方への義援金の寄付をお願いできればと思います。

なお,義援金は橋本情報戦略企画や技術評論社では受け付けておりませんので,日本赤十字社などにお願いできればと思います。

最後に被災地の一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
Windows 10上級リファレンス
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


■■ Win7jp 記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

このWebについて

    ※個人サイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(まとめサイトや有料媒体の方は事前にご連絡願います)。