Windows 7は「2020年1月14日」にサポートが終了します。サポート終了後は セキュリティアップデートが行われないため 、Windows 10に移行する必要があります。 ”Windows 10の導入&PC移行&操作&設定&活用”についてはコチラ か以下で検索

Windows 7でのプレゼンテーション中にモニター画面を拡大する方法

Windows XP やWindows Vista では、拡大できる部分が虫眼鏡で覗いているような感じの一部分だけでしたが、Windows 7では、 「全画面表示」というモードも採用されました。これを利用すると、マウスポインターの動きを追って、パソコンのモニター全体が拡大されますので、視聴者がどこを見たらよいのか迷わせることなく、プレゼンを進めることができることでしょう。

○プレゼンテーション中にモニター画面を拡大する方法

Windows 7でのプレゼンテーション中にモニター画面を拡大する方法
☆「Windows」+「U」 キーで「コンピューターの簡単操作センター」を開き、「拡大鏡を開始します」をクリックして「拡大鏡」を起動します。タスクバーの「拡大鏡」をクリックすると「設定」画面が表示されるので、「表示」を「全画面表示」にし、「オプション」で「追跡」を「マウスポインターの動きを追う」にしておきます。拡大率を100%にしてから、「拡大鏡」を最小化して、準備完了です。

Windows 7でのプレゼンテーション中にモニター画面を拡大する方法
☆プレゼンの最中、モニター画面を拡大したくなったら、「Windows」+「+」キーを押します。(「Shift」キーなしで可)マウスポインタの位置に合わせて画面が拡大され、マウスポインタの動きを追って画面が移動します。

Windows 7でのプレゼンテーション中にモニター画面を拡大する方法
☆ちょっとだけ、画面全体を表示させたい場合は、「Ctrl」+「Alt」+「スペース」キーを押します。
Windows 7でのプレゼンテーション中にモニター画面を拡大する方法
☆拡大を解除したい場合は、「Windows」+「-」キーを押します。拡大率が200%になっている場合は、1回で100%に戻るので、拡大が解除されます。

Windows 10上級リファレンス
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


■■ Win7jp 記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

このWebについて

    ※個人サイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(まとめサイトや有料媒体の方は事前にご連絡願います)。