Win7 [Windows7サイド]  ※記事検索: [記事検索] / [タグ検索] / [記事一覧]  ※Windows 8→ http://Windows8.jp  ※Windows RT→ http://WindowsRT.jp  ※HJSK→ http://hjsk.jp
[Windows7サイド] Win7
Win7.jp
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応 ビジテク! Windowsファイル操作&管理 7/Vista/XP
ビジネスPCで効率的な作業! ファイル名一括置換&連番化、バッチファイルによる複数同時アプリ&データ起動、仮想マシンで旧アプリ活用&動作検証、日本語IME超最適化、etc...自分だけではなく、社内全体で「使える」Windows環境を! Windows 7/Vista/XPのビジテク満載! [目次一覧]
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド for ”Windows 7/Windows Vista/Windows XP” [増刷決定!!] Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド
for"Windows7/Vista/XP"全サーバークライアント対応
  [なんとなく管理者]の強い味方 &ベストセラー書籍が全面改定で新登場 ローカルエリアネットワークの管理と構築 、ルーター設定、無線LAN設定、セキュリティ、バックアップなど 小規模ネットワークに即した現実的対処を解説! [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
タッチ操作完全対応、「新しいWindows UI」を徹底解説!! 非タッチ環境でも新ショートカットキーで快適に操作する方法を解説。必ず押さえたい新機能・新操作・新テク・カスタマイズが満載! [目次一覧]
Windows7専門サイト「Win7.jp」   新登場!! “動画サーバーマニアックス”~DLNA&トランスコード~ 快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応
ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス!

Windows 7/Windows Vista/Windows XP対応(by さくしまたかえ

Windows Vista/Windows XPで「BitLocker To Goで暗号化したUSBメモリ」を使う方法

「BitLocker To Go」によるUSBメモリの暗号化は、「Windows 7 Ultimate」でしか実行できません。 しかし、暗号化したUSBメモリはWindows 7 Ultimateでしか使えないかといえばそうではなく、Windows 7はもちろん、Windows VistaやWindows XPでも利用することができます。
なお、Windows XPやWindows Vistaへ挿入した場合は、下記で紹介するようにBitlocker To Go リーダーを使ってのアクセスになり、USBメモリにファイルを書き込むことはできません。

○Windows Vista/Windows XPで「BitLockerで暗号化したUSBメモリ」の使い方

Windows 7のBitLocker To Goで暗号化したUSBメモリの使い方
☆Windows VistaやWindows XPへBitLocker To Goを有効にした USB メモリーを挿入した場合は「BitLocker to Go リーダー」を起動するよう促されます。「このドライブのロックを解除するためのパスワードを入力してください」の画面が表示されます。「USBメモリーを BitLocker で暗号化する方法」で設定したパスワードを入力して「ロック解除」のボタンをクリックします。

[Windows Vista/Windows XPで「BitLocker To Goで暗号化したUSBメモリ」を使う方法]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional対応

Windows 7でセキュリティを考えてリムーバブルメディア全般の利用を禁止するには

ビジネス環境などでセキュリティを考えて、フロッピーディスクドライブや光学ドライブ、USBメモリーなどのすべてのメディアで読み書きを禁止したい場合には、以下の設定を適用します。(Windows 7 Ultimate/Professionalのみ対応)

○設定手順

リムーバブルメディアの利用を禁止してセキュリティを高めるには
☆「ローカルグループポリシーエディター」の左ペインで「コンピューターの構成」-「管理用テンプレート」-「システム」-「リムーバブル記憶域へのアクセス」と選択します。右ペインの「すべてのリムーバブル記憶域クラス:すべてのアクセスを拒否」をダブルクリックします。

[Windows 7でセキュリティを考えてリムーバブルメディア全般の利用を禁止するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional対応

Windows 7でセキュリティを考えてUSBメモリーを書き込みは不可(読み込みのみの許可)にするには

USBメモリーは、パソコン内のデータ移動に非常に便利な反面、重要なデータを外部に簡単に持ち出だせてしまうという側面もあります。
ビジネス現場などで漏洩しては困るデータファイルを扱っている状況では、USBメモリーに対してデータの書き出しを不可能にする(ファイルの持ち出しを禁止する)設定が推奨されます。
(Windows 7 Ultimate/Professionalのみ対応)

○USBメモリーを読み込み可、書き出し禁止に設定した状態

セキュリティを考えてUSBメモリーを読み込みのみ許可(書き込み不可能)に設定するには
セキュリティを考えてUSBメモリーを読み込みのみ許可(書き込み不可能)に設定するには
☆USBメモリーをパソコンに挿入して動作を確認します。USBメモリー上のファイルを読み取ることはできますが、USBメモリーにパソコン内のデータを書き込もうとすると、上記のような拒否ダイアログが表示されます。

[Windows 7でセキュリティを考えてUSBメモリーを書き込みは不可(読み込みのみの許可)にするには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには

人の出入りが多いビジネス現場などでは、デスクトップを操作可能のまま放置するのは危険です。
パソコンを人に触らせないためには、「ロック」を実行すればよいのですが、ついつい忘れて席を離れてしまった場合などを想定するのであれば、以下の「一定時間デスクトップ操作をしない場合にはデスクトップをロックする設定」も有効です。
なお、以前のWindows OSでは、この設定を行う場合に必ず「スクリーンセーバーの設定」が必要でしたが、Windows7ではスクリーンセーバーを設定することなく、ロック設定を行えます。 一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには
☆指定時間経過後にスクリーンセーバーが起動します。デスクトップ作業再開時にパスワードが求められ、第三者の操作を防ぐことができます。

[Windows 7で一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応(by さくしまたかえ

Windows 7で「BitLocker To Goで暗号化したUSBメモリ」を使う方法

「BitLocker To Go」によるUSBメモリの暗号化は、「Windows 7 Ultimate」でしか実行できません。
しかし、暗号化したUSBメモリはWindows 7 Ultimateでしか使えないかといえばそうではなく、Windows 7はもちろん、Windows VistaやWindows XPでも利用することができます。
以下では、Windows 7での利用方法を説明します。
Windows VistaやWindows XPでの使い方を知りたい方は、 Windows Vista/Windows XPで「BitLocker To Goで暗号化したUSBメモリ」を使う方法を参照してください。

○Windows 7で「BitLockerで暗号化したUSBメモリ」の使い方

Windows 7のBitLocker To Goで暗号化したUSBメモリの使い方
☆BitLocker を有効にした USB メモリーを Windows 7 に挿入した場合は「このドライブは BitLocker ドライブ暗号化によって保護されています」の画面が表示されます。「USBメモリーを BitLocker で暗号化する方法」で設定したパスワードを入力して「ロック解除」のボタンをクリックします。

[Windows 7で「BitLocker To Goで暗号化したUSBメモリ」を使う方法]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でセキュリティ状態をチェックして安全に運用するには

Windows 7のセキュリティ対策には様々な要素があります。セキュリティの状態を確認するには「アクションセンター」が最適です。
アクションセンターでは、セキュリティ要素に問題があると通知領域に警告表示します。

○セキュリティの確認

セキュリティ状態をチェックしてWindows 7を安全に運用するには
☆セキュリティを確認するには、通知領域の「アクションセンター」アイコンを右クリックし、「アクションセンターを開く」を選択します。あるいは、コントロールパネル(クラシック表示)から「アクションセンター」を選択します。

[Windows 7でセキュリティ状態をチェックして安全に運用するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でアクションセンターの警告を抑止するには

「アクションセンター」は、Windows 7のセキュリティやメンテナンスを通知してくれるツールですが、警告が不要(わずらわしい)場合があります。
セキュリティやメンテナンス設定を熟知している状況で、「アクションセンター」警告を抑止するには以下の設定に従います。

○設定手順

セキュリティセンターの警告を抑止するには
☆コントロールパネルの「アクションセンター」を選択します。「アクションセンター」から「アクションセンターの設定を変更」をクリックします。

[Windows 7でアクションセンターの警告を抑止するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate対応(by さくしまたかえ

USBメモリをWindows 7のBitLocker To Goで暗号化する方法

Windows 7では、USBメモリをBitLocker To Goによって簡単に暗号化できるようになりました。これによって、うっかりUSBメモリを紛失してしまっても、BitLocker To Goのパスワードがわからない人にはUSBメモリを開くことができません。
なお、Windows 7 Ultimate特有の機能である「BitLocker To Go」ですが、BitLocker To Goを適用したUSBメモリは、Windows 7だけではなく、Windows全般で開くことができます。

○USBメモリをBitLocker To Goで暗号化する方法

USBメモリをWindows 7のBitLocker To Goで暗号化する方法
☆USBメモリーをWindows 7に挿入します。[スタート] メニューから「コンピューター」を開き、「リムーバブル ディスク」を右クリックします。表示されたメニューから「BitLocker を有効にする」を選択するとBitLockerで暗号化するウィザードが起動します。
  日経Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)
停電・震災に備えるPC管理術 データ/ネットワークを守る安心環境を構築せよ
Windows7上級マニュアル [ネットワーク編](技術評論社)