Win7 [Windows7サイド]  ※記事検索: [記事検索] / [タグ検索] / [記事一覧]  ※Windows 8→ http://Windows8.jp  ※Windows RT→ http://WindowsRT.jp  ※HJSK→ http://hjsk.jp
[Windows7サイド] Win7
Win7.jp
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応 ビジテク! Windowsファイル操作&管理 7/Vista/XP
ビジネスPCで効率的な作業! ファイル名一括置換&連番化、バッチファイルによる複数同時アプリ&データ起動、仮想マシンで旧アプリ活用&動作検証、日本語IME超最適化、etc...自分だけではなく、社内全体で「使える」Windows環境を! Windows 7/Vista/XPのビジテク満載! [目次一覧]
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド for ”Windows 7/Windows Vista/Windows XP” [増刷決定!!] Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド
for"Windows7/Vista/XP"全サーバークライアント対応
  [なんとなく管理者]の強い味方 &ベストセラー書籍が全面改定で新登場 ローカルエリアネットワークの管理と構築 、ルーター設定、無線LAN設定、セキュリティ、バックアップなど 小規模ネットワークに即した現実的対処を解説! [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
タッチ操作完全対応、「新しいWindows UI」を徹底解説!! 非タッチ環境でも新ショートカットキーで快適に操作する方法を解説。必ず押さえたい新機能・新操作・新テク・カスタマイズが満載! [目次一覧]
Windows7専門サイト「Win7.jp」   新登場!! “動画サーバーマニアックス”~DLNA&トランスコード~ 快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応
ひと目でわかるWindows 8 操作・設定テクニック厳選200プラス!

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で勝手にスリープ状態にならないようにするには

Windows 7では、しばらくデスクトップ操作しないで画面を放置しておくと、 自動的にWindowsがスリープ状態になります。
スリープ状態は省電力という意味では便利な機能ですが、 再び作業を行いたい場合に復帰にやや時間を要するほか、 スリープからの復帰はシステム環境によってはうまく復帰できず、 作業途中のデータを破棄してしまうことにもなりかねません。
自動的にスリープ状態になることを抑止したい場合には、以下の設定を行います。

○スリープ後の再開

勝手にスリープ状態にならないようにするには
☆スリープ状態になったWindows 7は、環境によって「ハイブリッドスリープ」が適用されます。しかし、一部のマザーボードはこのハイブリッドスリープと相性が悪く、デスクトップに復帰できないこともあります。

○設定手順

勝手にスリープ状態にならないようにするには
☆コントロールパネル(クラシック表示)から「電源オプション」を選択します。「電源オプション」から「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。

[Windows 7で勝手にスリープ状態にならないようにするには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でドキュメント系のフォルダーターゲットを移動するには

ユーザードキュメント(ユーザーのファイル)のターゲットフォルダーロケーション(「マイドキュメント」や「デスクトップ」の実際の保存場所)を変更したければ、以下の手順に従って設定します。
「お気に入り」「ダウンロード」など、ほとんどのユーザードキュメントの保存場所を、Windows 7ではエクスプローラーから変更することが可能です。
なお、「ドキュメント」「ピクチャ」などは、仮想フォルダーなので、位置を変更できません。

○移動手順

ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆[スタート]メニューから[ユーザー名]をクリックします。移動したいユーザードキュメントを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

[Windows 7でドキュメント系のフォルダーターゲットを移動するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で右クリックからファイルやフォルダーを「コピー」できるレジストリカスタマイズを行う

メニュー操作でファイルをコピーする方法が便利ですが、いちいちメニューバーを表示してメニュー選択しなければならないのは面倒です。
コピーを「右クリック」から実行したい場合には、以下のカスタマイズを行うことにより、操作可能になります。

◎レジストリ設定の注意

レジストリ設定を行った後は、設定を反映させるために再起動を行ってください。
なお、レジストリ設定は間違えた設定を行うと、Windows 7の動作においてトラブルが発生する可能性があります。レジストリ編集に自信がない方は、以下の設定を適用しないことをオススメします。

○右クリックメニューに「フォルダーへコピー」を追加する


右クリックからファイルやフォルダーを「コピー」できるレジストリカスタマイズを行う
☆「ファイル名を指定して実行」に「REGEDIT」と入力して「Enter」キーを押します。「レジストリエディター」が起動します。
右クリックからファイルやフォルダーを「コピー」できるレジストリカスタマイズを行う
☆「レジストリエディター」の左ペインで「HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shellex\ContextMenuHandlers」と選択します。右ペインで右クリックして、「新規」-「キー」と選択します。


[Windows 7で右クリックからファイルやフォルダーを「コピー」できるレジストリカスタマイズを行う]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で過去のOSとの互換性を確保するためにIMEの変換候補を制限するには(Windows7で追加された文字を変換候補に表示しない)

Windows7では、従来のWindows(XP/2000など)と比較して表示できる文字が追加されています。
この追加された文字は「環境依存文字」になりますが、これを利用したデータは環境によってはバケてしまうという問題が発生することがあります(Webフォーム入力など)。
このような問題を回避するには、このような追加された文字を変換候補に出さないように設定変更します。

○問題の確認(環境依存文字を使った場合の文字化け)

互換性を確保するためにIMEの変換候補に表示する文字を制限するには
☆問い合わせのWebフォームに、「環境依存文字」を入力して送信します。

[Windows 7で過去のOSとの互換性を確保するためにIMEの変換候補を制限するには(Windows7で追加された文字を変換候補に表示しない)]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional対応

Windows 7でセキュリティを考えてリムーバブルメディア全般の利用を禁止するには

ビジネス環境などでセキュリティを考えて、フロッピーディスクドライブや光学ドライブ、USBメモリーなどのすべてのメディアで読み書きを禁止したい場合には、以下の設定を適用します。(Windows 7 Ultimate/Professionalのみ対応)

○設定手順

リムーバブルメディアの利用を禁止してセキュリティを高めるには
☆「ローカルグループポリシーエディター」の左ペインで「コンピューターの構成」-「管理用テンプレート」-「システム」-「リムーバブル記憶域へのアクセス」と選択します。右ペインの「すべてのリムーバブル記憶域クラス:すべてのアクセスを拒否」をダブルクリックします。

[Windows 7でセキュリティを考えてリムーバブルメディア全般の利用を禁止するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更するには(拡張子とアプリケーションの連動)

Windows 7では、データファイルをダブルクリックすると、アプリケーションが自動的に起動してデータファイルを開きますが、これが自分の意図しない(自分の望まない)アプリケーションで起動してしまう場合があります。
このような場合には、以下の手順で、ダブルクリックした際に任意のアプリケーションで起動するように設定を変更します。
なお、ダブルクリックした際に起動するアプリケーションは、「データファイルの拡張子」の文字列で決定します。

○設定手順

データファイルをダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更したい場合には
☆関連付けを変更したいデータファイルを右クリックして、ショートカットメニューから「プログラムから開く」-「既定のプログラムの選択」と選択します。

[Windows 7でダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更するには(拡張子とアプリケーションの連動)]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でエクスプローラーの「ネットワーク」で共有フォルダーを表示するには

エクスプローラーの「ネットワーク」アイコン(旧マイネットワーク)から、ネットワーク先にある各共有フォルダー(ホスト)にアクセスするには、ホスト、クライアントともに「ネットワーク探索」設定が有効になっている必要があります。

○設定手順

エクスプローラーの「ネットワーク」アイコンで共有フォルダーを表示するには/「ユニバーサルプラグアンドプレイ」を有効にするには<br>
☆コントロールパネル(クラシック表示)から「ネットワークと共有センター」を選択します。ネットワークと共有センター」から「共有の詳細設定の変更」を選択します。

[Windows 7でエクスプローラーの「ネットワーク」で共有フォルダーを表示するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7の起動音や効果音(エラー音)を停止するには

ビジネス現場でのオペレーティングや、図書館などでノートパソコンを利用している場合、Windows 7の各場面で再生される効果音(起動、終了、エラー、メッセージなど)は、周囲にも迷惑で、また恥ずかしい思いをすることがあります。
このような効果音を抑止するには、主に二つの方法があり、ひとつは音量を絞る(ミュート)する方法、もうひとつは各音声の割り当てそのものを無音にする方法があります。
なお、後者を適用した場合、デスクトップパフォーマンスを高める効果も期待できます。

○音量をミュートにする

Windows 7の起動音や効果音(エラー音)を抑止するには
☆通知領域にある「サウンド」アイコンをクリックします。

[Windows 7の起動音や効果音(エラー音)を停止するには]の続きを読む

  日経Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)
停電・震災に備えるPC管理術 データ/ネットワークを守る安心環境を構築せよ
Windows7上級マニュアル [ネットワーク編](技術評論社)