Windows 7で現在起動中のプログラムを新規ウィンドウで開く方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10 完全制覇パーフェクト Microsoft MVP執筆
Windows 7の現在起動中のプログラムは、タスクバーにアイコンで表示されています。このプログラムをもう一つ、別ウィンドウで起動させたい場合、タスクバーのアイコンを右クリックしてジャンプリストを表示し、そのプログラム名が記載されている項目をクリックします。しかし、その他にも、こんな方法で簡単に複数起動させることも可能です。
※プログラムの中には、複数起動しないタイプもあります。

○現在起動中のプログラムを新規ウィンドウで開く方法

Windows 7で現在起動中のプログラムを新規ウィンドウで開く方法
☆現在起動中のプログラムをもう1つ新規ウィンドウを開きたい場合は、タスクバーのアイコンを右クリックしてジャンプリストを表示します。そのプログラム名が記載されている項目をクリックします。


Windows 7で現在起動中のプログラムを新規ウィンドウで開く方法
☆または、タスクバーのアイコン上で「Shift」キーを押しながらマウスの左ボタンをクリックするか、マウスのスクロールボタンを押します。
Windows 10 完全制覇パーフェクト Microsoft MVP執筆

■■最近の記事一覧■■

■■最近の記事一覧■■

悩める主婦におくる今日の献立

【300*250】わけあり

Windows関連サイト

Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 New!!
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応 ネットワーク 上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応   
10だけではなくWin 8.1/7にも完全対応! ルーターの詳細設定&最適化 無線LANパフォーマンス&セキュリティの追求 共有フォルダー設定とセキュアな管理 DLNA(DTCP-IP)によるメディア共有 ダイナミックDNSによる遠隔アクセス iOS&Androidからのファイルアクセス&メディア再生 資格情報によるスムーズなアクセス Windowsファイルサーバーの超低コスト構築&管理 リモートコントロール&リモート電源 Windows 10 MobileのMiracast/Continuum ネットワークカメラによる遠隔監視 グループポリシー&レジストリカスタマイズ 物理ネットワーク配線最適化&二重ルーターの解決
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
NEC Direct(NECダイレクト)
ワケあり品

このWebについて

    このWebは Microsoft MVP (マイクロソフトが認定したITプロ)によって運営されています。
    Windowsの情報源としてお役立ててください。

    ※ブログサイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体の方は事前にご連絡願います)。

    ※セミナー依頼や執筆関連業務のお問い合わせは toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。