Win7 [Windows7サイド]  ※記事検索: [記事検索] / [タグ検索] / [記事一覧]  ※Windows 8→ http://Windows8.jp  ※Windows RT→ http://WindowsRT.jp  ※HJSK→ http://hjsk.jp
[Windows7サイド] Win7
Win7.jp
動画サーバーマニアックス~DLNA&トランスコードで快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応 動画サーバー・マニアックス 地デジ/CS/ネット動画がスマホ&タブレットで視聴できる! メディアサーバー構築&活用
著作権保護映像&リアルタイムCS&ケーブルテレビ映像をiOS/Android/PCで視聴!!トランスコードで視聴環境を最適化、デジタル家電にも対応するDLNAから特殊動画サーバーまで、スムーズに視聴するためのネット環境や、汎用性の高い動画エンコードまで
サービスパック対応版 Windows 7上級マニュアル [サービスパック対応] 新Windows7上級マニュアル
Windows 7 SP1 のすべてをぶ厚く語りつくす!
64ビット完全対応 。XP Mode、SSD、新機能、使いこなし、システムカスタマイズまで完全網羅!! UEFIやUSB3.0などの最新ハードウェアにも対応. 全チップス書き直し&大幅強化の完全書き直し!! [目次一覧] [内容紹介]
新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応 新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応
本当のiPadのビジネス活用がここに!! iPadを利用したスマートなプレゼン実践、Pages/Numbers/Keynoteの活用、PDFにマーカーや図形の書き込み、振り分けPC連携メール、クラウド活用、バックアップ、プライバシー&セキュリティ確保など [目次一覧]
Windows7専門サイト「Win7.jp」   新登場!! “動画サーバーマニアックス”~DLNA&トランスコード~ 快適動画視聴 PC&iOS&Android&デジタル家電対応
新iPadビジネス設定・活用術 iOS 5.1 & 全iPad対応

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で[スタート]メニューの「すべてのプログラム」を並べ替えることができない

Windows 7の[スタート]メニューは、「すべてのプログラム」の上で右クリックしても、Windows XPのように「名前順で並べ替え」が表示されません。これは、その機能がなくなったのではなくて、最初から自動的に名前順で並べ替える設定になっているためです。
自動での並べ替えをやめて、従来のように手動で並べ替えを実行できるようにするには、以下の手順を実行します。

○設定手順

[スタート]メニューの「すべてのプログラム」を手動で並べ替えるには
☆スタートボタンを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

[Windows 7で[スタート]メニューの「すべてのプログラム」を並べ替えることができない]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更するには

Windows 7では、データファイルをダブルクリックすると、アプリケーションが自動的に起動してデータファイルを開きますが、これが自分の意図しない(自分の望まない)アプリケーションで起動してしまう場合があります。
このような場合には、以下の手順で、ダブルクリックした際に任意のアプリケーションで起動するように設定を変更します。
なお、ダブルクリックした際に起動するアプリケーションは、「データファイルの拡張子」の文字列で決定します。

○設定手順

データファイルをダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更したい場合には
☆関連付けを変更したいデータファイルを右クリックして、ショートカットメニューから「プログラムから開く」-「既定のプログラムの選択」と選択します。

[Windows 7でダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でZIPファイルを解凍するには(ZIPファイルの「閲覧」と「解凍」の違いを知る)

Windows 7では標準でZIP形式の圧縮ファイルの解凍に対応しています。
ZIPファイルをダブルクリックするだけで「フォルダー」のように扱えますが、これはすべてのファイルを解凍している状態ではありません。明示的に解凍するには、以下の手順でファイルを解凍するようにします。

○ZIPファイルの閲覧

ZIPファイルを解凍するには
☆ZIPファイルをダブルクリックします。


ZIPファイルを解凍するには
☆ZIPファイルの内容が表示されます。ただしこの状態は完全に解凍された状態ではありません。アプリケーションのインストーラなどをこの状態で実行すると、不具合が起こることがあります。

[Windows 7でZIPファイルを解凍するには(ZIPファイルの「閲覧」と「解凍」の違いを知る)]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でZIPファイルにパスワードを付加することができなくて困った

Windows XPでは、ファイルをZIP形式で圧縮できるほか、ZIP形式のファイルにパスワードを付加することができます。
一方、Windows 7では、ファイルをZIP形式で圧縮することはできるものの、ZIP形式のファイルにパスワードを付加することができなくなりました。
このZIP形式のファイルにパスワードを付加できないことは、Windows 7の仕様です。

○Windows XPで可能なZIPファイルへのパスワード付加

ZIP形式のファイルにパスワードを付加することができなくて困った
☆Windows XPでは、ZIPファイルにパスワードを付加することができます。

[Windows 7でZIPファイルにパスワードを付加することができなくて困った]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7で右クリックからファイルやフォルダーを「移動」できるレジストリカスタマイズを行う(操作環境の改善)

説明したメニュー操作でファイルを移動する操作は便利ですが、いちいちメニューバーを表示してメニュー選択しなければならないのは面倒です。
移動操作を「右クリック」から実行したい場合には、以下のカスタマイズを行うことにより、操作可能になります。

◎レジストリ設定の注意

レジストリ設定を行った後は、設定を反映させるために再起動を行ってください。
なお、レジストリ設定は間違えた設定を行うと、Windows 7の動作においてトラブルが発生する可能性があります。レジストリ編集に自信がない方は、以下の設定を適用しないことをオススメします。

○右クリックメニューに「フォルダーへ移動」を追加する

右クリックからファイルやフォルダーを「移動」できるレジストリカスタマイズを行う
☆「HKEY_CLASSES_ROOT\AllFilesystemObjects\shellex\ContextMenuHandlers」にキー「Move To」を作成します。

[Windows 7で右クリックからファイルやフォルダーを「移動」できるレジストリカスタマイズを行う(操作環境の改善)]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7でスクリーンキーボードを利用するには

Windows 7には、デスクトップ上に仮想キーボードを表示して、そのキーボードのキーをクリックすることで入力を実現できる「スクリーンキーボード」というツールがあります。
このスクリーンキーボードを利用したい場合には、以下の手順で起動します。

○スクリーンキーボードの開始

スクリーンキーボードを利用するには

[Windows 7でスクリーンキーボードを利用するには]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応

Windows 7の日本語入力を理解する

Windows 7の日本語入力は、「Microsoft IME」が担いますが、この「Microsoft IME」の各種操作の切り替えは「言語バー」で行います。
言語バーに表示される各アイコンの意味と役割、そして各種便利な機能を覚えると、日本語入力をよりスムーズに、効率的に行えるようになります。

○入力モード

Microsoft IMEで日本語入力をよりスムーズにするには(1)
☆ひらがな入力やカタカナ入力、英数字入力等の入力する文字種を選択できます。ここで入力モードを選択してもよいですが、基本的なひらがな→半角英数の切り替えは、キーボードの「半角/全角」キーを利用したほうが便利です。

[Windows 7の日本語入力を理解する]の続きを読む

Windows 7 Ultimate/Professional/Home Premium対応(by さくしまたかえ

Windows 7でタスク バーに置いてあるプログラムをショートカットキーで起動

s7r0009で紹介したタスクバーに常時表示されているプログラムアイコン。このプログラムを起動させたい場合、マウスでクリックするだけです。この他、ショートカットキーでも起動させることができます。

○タスク バーに置いてあるプログラムをショートカットキー起動

Windows 7でタスク バーに置いてあるプログラムをショートカットキーで起動
☆タスクバーに置いてあるプログラムを起動させたい場合は、「Windows」+「任意の数字」キーを押します。例えば、上記画像の場合「Windows」+「1」キーを押すと、「タスク バー」の一番左端においてあるショートカットである Internet Explorer が起動します。そして、「Windows」+「2」キー を押すと左から2番目に置いてあるショートカットである [ライブラリ] が起動します。

  日経Androidスマートフォンマスターブック ~OSの構造理解から、システム設定、セキュリティ対策まで~
Windowsファイル操作&管理 ビジテク Windows 7/Vista/XP対応
Windows 7 上級マニュアルServicePack対応版(技術評論社)
停電・震災に備えるPC管理術 データ/ネットワークを守る安心環境を構築せよ
Windows7上級マニュアル [ネットワーク編](技術評論社)