ノスタルジックの最近の記事

ノスタルジックWindows 3.1―Windows 3.1の起動とデスクトップ(01)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10上級リファレンス

MS-DOSから起動したWindows 3.1

nostalgic Windows3.1
Windows 3.1はMS-DOSから「WIN」と入力して起動した。なお、起動時のロゴは存在しない。インストールももちろんMS-DOSからで、コンシューマ向けにしては難解なセットアップだった。

タスクバーなど存在しないWindows 3.1

nostalgic Windows3.1
Windows 3.1にはタスクバーでのタスク管理などという甘っちょろい概念は存在しない。ただただ、シェルが起動している。

XP Mode(XPモード)を活用してWindows XPとWindows 7の「フォント互換問題(JIS90とJIS2004の違い)」を解決

このエントリーをはてなブックマークに追加
Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 Microsoft MVP執筆
Windows XPとWindows 7の「フォント互換問題」を解決
☆XP Modeを利用することにより、「JIS90」と「JIS2004」を使い分けることができる。

 Windows XPまでが搭載する文字セットは「JIS90」、Windows 7が搭載する文字セットは「JIS2004」です。

 これにより、「同じ文字でも形が違う文字が存在する」という問題が発生します。

 これは結果的にWindows XPとWindows 7のデスクトップ上での漢字表示が異なるだけではなく、印字結果も異なるという事態にもなります。

しかし、XP Modeを活用すれば、Windows 7では「JIS2004」、XP Modeでは「JIS90」という形での文字セットの使い分けが可能になり、フォントの互換問題を解決することができるのです。

 Windows 7とWindows XPのフォントの違いや、XP Modeによるフォント互換問題の解決については、
『ひと目でわかるWindows 7“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック』内
第7章「Windows 7ホスト環境とXP Mode環境の使い分け」
を参照してください。

Windows XPとWindows 7の「フォント互換問題」を解決
Windows XPとWindows 7の「フォント互換問題」を解決
☆Windows XPとWindows 7では、同じMSゴシックであっても「漢字の形」が異なる。画面は「同じデータ」をWindows XP(左)とWindows 7(右)で開いた画面。


「ひと目でわかる“XP Mode”& 仮想マシン活用テクニック」
 ※書籍内容 - 特別先行公開 - 記事一覧(全12記事)

XP Mode(XPモード)のインフラ「Windows Virtual PC」を利用して「Windows 7ゲスト」や「Vistaゲスト」、仮想アプリケーションを公開できる「Vista Mode」を運用

このエントリーをはてなブックマークに追加
Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 Microsoft MVP執筆
Windows 7/Vistaゲストや「Vista Mode」を運用
☆仮想マシンは「1つの独立したパソコン」でもあり、Windows VistaやWindows 7などのWindows OSを導入して運用することもできる。また、Windows VistaはXP Modeと同様の「Vista Mode」にして、仮想アプリケーションを公開することもできる。

 XP Modeのインフラである「Windows Virtual PC」は、単体のバーチャルマシンソフトと同様の機能を持ちます。

たとえば、任意に新しい仮想マシンを作成することができ、仮想マシンに「Windows7」や「Windows Vista」を導入することが可能です。

 これにより、Windows Vistaとの互換性を確保できることはもちろん、現在のWindows 7とは別のWindows 7を管理できるため、アプリケーションの使い分けや、テストや動作検証、サポートなどさまざまな場面で活用することができます(仮想マシンにインストールするOSにもライセンスは必要です)。

 新しい仮想マシンの作成や、仮想マシンへのWindows 7/Windows Vistaのインストールについては、
『ひと目でわかるWindows 7“XP Mode”&仮想マシン活用テクニック』内
第10章『「Windows 7ゲスト」「Windows Vista Mode」の作成』
を参照してください。


「ひと目でわかる“XP Mode”& 仮想マシン活用テクニック」
 ※書籍内容 - 特別先行公開 - 記事一覧(全12記事)

ノスタルジックWindows 95―Windows 95のアクセサリとタスクバー(03)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10 完全制覇パーフェクト [新] Windows 10 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る 最新 "Windows 10" 解説書! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!

Windows 95のアクセサリ

nostalgic Windows 95
Windows 95のアクセサリ。以後Windows Vistaまで引き継がれるアクセサリの姿だ。なお、タスクバーもWindows Vistaまで引き継がれる仕様だ。

■■最近の記事一覧■■

悩める主婦におくる今日の献立

【300*250】わけあり

Windows関連サイト

Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 New!!
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応 ネットワーク 上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応   
10だけではなくWin 8.1/7にも完全対応! ルーターの詳細設定&最適化 無線LANパフォーマンス&セキュリティの追求 共有フォルダー設定とセキュアな管理 DLNA(DTCP-IP)によるメディア共有 ダイナミックDNSによる遠隔アクセス iOS&Androidからのファイルアクセス&メディア再生 資格情報によるスムーズなアクセス Windowsファイルサーバーの超低コスト構築&管理 リモートコントロール&リモート電源 Windows 10 MobileのMiracast/Continuum ネットワークカメラによる遠隔監視 グループポリシー&レジストリカスタマイズ 物理ネットワーク配線最適化&二重ルーターの解決
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
NEC Direct

このWebについて

    このWebは Microsoft MVP (マイクロソフトが認定したITプロ)によって運営されています。
    Windowsの情報源としてお役立ててください。

    ※ブログサイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体の方は事前にご連絡願います)。

    ※セミナー依頼や執筆関連業務のお問い合わせは toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。