システムの最近の記事

Windows 7のシステムビット数(32bit版か64bit版か)を確認する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10上級リファレンス
Windows 7のすべてのエディションには、32bit版と64bit版の2種類のシステムがあります。
お使いのWindows 7がどちらのシステムかがわからない場合や、アプリケーション導入時に64bitと32bitのインストーラーが異なる場合などは、以下の手順で確認することができます。

○システムビット数(32bit版か64bit版か)を確認する方法

Windows 7のシステムビット数(32bit版か64bit版か)を確認する方法
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「システム」を選択します。あるいはショートカットキーWindows+Pause キーを押します。「コンピューターの基本的な情報の表示」が開きます。

Windows 7データロケーションをシステムドライブ以外へ移動するメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 Microsoft MVP執筆
Windows 7では、標準設定として、システムドライブ(Windows 7のシステムがあるドライブ)と同じ「Cドライブ」に「ドキュメント」「ピクチャ」などの各ユーザードキュメントが存在しますが、環境が許せば「Dドライブ」などのシステムドライブ以外に各ユーザードキュメントを移動することをオススメします。
これは、データファイルとシステムが別ドライブに存在することによりデータファイルの安全性が増すほか、「バックアップ」が行いやすくなります。
そのほか、OSのアップグレード(Windows7への移行)、再インストール、リカバリなども容易になります。

○システムとデータドライブを分けたメリット

データロケーションをシステムドライブ以外に移動するメリット

Windows 7でWindows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している際に、Windows 7の自動的な再起動を抑止するには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10 完全制覇パーフェクト Microsoft MVP執筆
Windows 7の「Windows Update」は、Windows 7の更新プログラムを自動的に導入することができますが、システム系の更新があった場合には、自動的に「再起動」が実行されることがあります。
再起動の際にはダイアログが表示され、猶予時間が与えられますが、サーバー利用のパソコンではメッセージを確認できないまま再起動が実行されてしまうことも考えられます。
作業の中断や自動的な再起動は困るという場合には、以下の設定を適用します。

○自動更新による再起動を抑止する設定

Windows Updateで「更新プログラムを自動的にインストールする」を設定している際に、Windows 7の自動的な再起動を抑止するには
☆「ファイル名を指定して実行」に「GPEDIT.MSC」と入力して「Enter」キーを押します。「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。

Windows 7を利用するために必要なパソコンのハードウェアスペックは(Windows 7のシステム要件)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 Microsoft MVP執筆
Windows 7に必要なハードウェアの最小要件については以下のようになります。
なお、以下はあくまでも「最小要件」であり、Windows 7を快適に動かすには、より高いハードウェアスペックが求められます。
なお、パソコンのハードウェアスペックが優れている場合、ハードウェアを積極的に利用する構造を持つWindows 7はより快適に動作します。

○Windows 7 Ultimate /Professional / Home Premium(最小要件)

・1GHz、32ビット(x86)のプロセッサ、または1GHz、64ビット(x64)のプロセッサ
・1GBのシステムメモリ
・128MBのグラフィックメモリ(Windows Aeroを利用する場合)
・15GBの空き領域がある40GBのハードディスク
・DVD-ROMが読み込める光学ドライブ
・インターネットにアクセスできる環境

■■最近の記事一覧■■

悩める主婦におくる今日の献立

ワケあり品

Windows関連サイト

Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 New!!
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応 ネットワーク 上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応   
10だけではなくWin 8.1/7にも完全対応! ルーターの詳細設定&最適化 無線LANパフォーマンス&セキュリティの追求 共有フォルダー設定とセキュアな管理 DLNA(DTCP-IP)によるメディア共有 ダイナミックDNSによる遠隔アクセス iOS&Androidからのファイルアクセス&メディア再生 資格情報によるスムーズなアクセス Windowsファイルサーバーの超低コスト構築&管理 リモートコントロール&リモート電源 Windows 10 MobileのMiracast/Continuum ネットワークカメラによる遠隔監視 グループポリシー&レジストリカスタマイズ 物理ネットワーク配線最適化&二重ルーターの解決
いまからはじめるWindows 10 (無料PDF) いまからはじめるWindows 10
 ダウンロード版 "0円" 無料PDF

Windows 10の無料簡単操作ガイド(PDF:無料)。これからWindows 10に触れたい人向けのPDF。 USBフラッシュドライブ版 オンラインコード版 /ライセンス認証/ショートカットキー/エディション/デスクトップ/エクスプローラー/アクションセンター等々
デル株式会社

このWebについて

    このWebは Microsoft MVP (マイクロソフトが認定したITプロ)によって運営されています。
    Windowsの情報源としてお役立ててください。

    ※ブログサイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体の方は事前にご連絡願います)。

    ※セミナー依頼や執筆関連業務のお問い合わせは toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。